国際線機内持ち込み液体化粧品どうする?容器は透明?個数は?

海外旅行は「飛行機の機内持ち込みには制限があるらしい」と聞いてびっくり!
液体が100ml以下となっているけど、化粧品はどうすればいいの!?女子としてはマストアイテムとして機内に持ち込みたいところ。

ということで、国際線機内への液体化粧品の持ち込み持ち込み制限について詳しく解説しましょう。

スポンサードリンク

国際線機内持ち込み液体化粧品はどうする?

はじめての海外旅行を控え、ウキウキしながら準備をしていると「飛行機の機内持ち込みには制限があるらしい」という情報が、、、

機内に持ち込めないのは大きく分けて、危険なもの、液体、大きくて重いもの、の3つにわかれます。
危険なものや大きなものはまず持ち込むことはないと思いますが、液体は困ってしまいます。

成田空港のホームページには

国際線ご利用の際、100ml(g)を超える容器に入ったあらゆる液体物は、航空機内への持ち込みが禁止されております。

と書かれています。

この液体物の基準はかなり厳しく設定されていて、私たちが想像する「液体」の範囲ではなく、水分を含んでいるものはがいたいが液体物として扱われます。

例えば、歯磨き粉、ヘアワックス、マスカラ、メイク落とし、化粧水、制汗スプレーなどのボディケア用品は液体物です。
ちょ、マスカラまで!?と思いますが、確かに液体に変わりありません。

でも、女性なら化粧品は手荷物に入れておきたいですよね。
これらは何が何でもダメというわけではなく、決まりがあります。

化粧品を手荷物として機内に持ち込むためのルール

化粧品を手荷物として機内に持ち込むには、下の2点を満たしている必要があります。

  • 100ml(g)以下の容器に入れる
  • 100ml(g)の容器を縦横各20㎝以下で、再封可能なジッパー付の容量1ℓ透明のプラスチック製袋にいれる

要は100ml以下の容器に入れて、それらを20センチ以下のジップロックのような透明の袋に入れる、ということですね。

注意しなければいけないのは、100ml(g)の容器に入っていても透明のプラスチック製袋に入っていないと持ち込めないこと。
そしてこの透明のプラスチック製の袋は1人につき1つのみということです。

また、透明袋にぎゅうぎゅうに詰め込んで、なんとか閉まっている状態はNGです。
「スムーズにジッパーの開け閉めができること」も持ち込み可能か否かの判断基準になります。無理しちゃいけません。

化粧水、メイク落とし、マスカラ、リキッドファンデーションなどは、小さな容器に移して、透明のプラスチック製袋にいれて持ち込みましょう。
試供品なんかがあればちょうどいいですね。

スティックタイプの口紅は液体物には含まれませんので、そのまま持ち込めます。
ただジェルタイプのものは液体物に分類されますのでご注意を。

スポンサードリンク

ちなみに出国手続き後(荷物検査後)に、中の免税店や売店で買った化粧水などは、たとえ液体物で100mlを超えるものでも持ち込みOKです。
化粧水を移すのがめんどくさいなという場合などには、免税店で買ってしまいましょう。

余談ですが、化粧品以外の液体で意外なところではプリンやヨーグルト、あんこや味噌なども液体物として扱われるようです。
旅行に味噌は持っていかないでしょうが、例えば、『手荷物検査前に空港でプリンを買って、後で食べようと思ってハンドバッグに入れておいた。』なんてことはありえるでしょうね。

お水はもちろんですが、こういったものは手荷物検査が済んでから、中にある売店で購入しましょう。

機内持ち込み液体の容器は透明のものだけ?

化粧水は容器に入れ替えるとしても、リキッドファンデーションやマスカラはどうしたらいいでしょうか。
容器が透明じゃないからNG?と心配ですね。

結論からいうと、容器は何色でもかまいません。

歯磨き粉もマスカラもリキッドファンデーションも透明のプラスチック製袋に入っていれば容器が何色であろうと問題ありません。
長時間のフライトといっても、機内で何度も化粧直しをすることはないと思います。

せいぜい到着前にメイクを治す程度ではないでしょうか。
そうなると、化粧水100mlも必要ありませんよね。

1回分と考えると、お弁当用の醤油入れくらいの大きさで十分です。
100円ショップでも売っているので、必要量だけを醤油入れに入れて、旅先で使う分は預け荷物に入れておきましょう。
手荷物も少なくなって、身軽に動けますよ。

機内持ち込みの液体は個数制限あり?

基本的には、透明のプラスチック製袋に入っていれば容器の数量制限はありません。
先ほどもご紹介したように、ジッパーがスムーズに開け閉めできるようであれば何個入っていても問題ありません。
ただし、袋は1つのみです。

となると、最大で20㎝×20㎝の袋には、そう多くの量を入れることはできませんよね。
その場合は諦めて預け荷物に入れておきましょう。

あれこれと持ち込みたくもなりますが、機内で何度もお化粧を直すことがまずありません。

また、預け荷物にも制限は設けられています。
国土交通省のホームページには、化粧品類、医薬品、医薬部外品、日用品、スポーツ用スプレーの合計が一人当たり2㎏または2ℓまでと記載されています。

いずうれも航空会社によってはその点はあまり厳しくチェックしていないので、多少オーバーしても大丈夫なこともあるかも知れませんが、まぁきっちり収めておいた方が無難でしょう。

エアアジア機内持ち込みサイズは厳しいか。重量オーバーと個数は?

まとめ

初めての海外旅行では、いろいろと不安ですよね。そのために、必要以上に荷物を持って行きがちです。
ですが、秘境に行くような旅でなければ、大抵は旅先でも購入可能です。

アレルギーがある場合などは使い慣れたものを持って行くべきですが、そうでない場合はあまり心配する必要はありません。
身軽に旅を楽しんでくださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です