頭皮への紫外線がはげる原因に?影響と正しい抜け毛予防対策

最近、つむじの辺りが薄くなってきた気が、、、
これはもしかすると紫外線が原因かもしれません。

薄毛に悩む人の大敵とも呼ばれる紫外線は、頭皮にどのような影響があるのでしょうか。
今回は紫外線が頭皮に与える影響や、薄毛になる可能性など、薄毛と紫外線の関係についてご紹介します。

スポンサードリンク

頭皮への紫外線がはげる原因!?

髪の毛とは本来、頭皮を守るために存在しています。
そして紫外線は髪と頭皮の大敵と言われています。

日焼けを気にする方でも頭皮まで気にする人は少ないですが、頭の上は紫外線をもろに浴びてしまう位置にあるために、頭皮は顔の2倍の量の紫外線を浴びてしまっているんですよ。

皮膚は、日焼けをすればさまざまなダメージがあります。
日焼けは皮膚を硬くしたり、皮脂を酸化させ、皮脂を過剰に分泌したり、炎症を起こしたりします。

これらの症状は、薄毛の原因になるものばかりです。

そんなダメージを起こす紫外線を2倍もの量を浴びていれば、薄毛の原因になる可能性が十分にあると言えますよね。

特に男性は女性とちがって日焼け対策をしている人は少ないです。
紫外線に対して無防備でいると、頭皮が大ダメージを受けて禿げてしまうかもしれません!

遺伝とか体質とか食生活とか、禿げの原因は色々あるとはいえ、こんなところにも大きな原因があったのなら早速改善していきたいものです。

頭皮への紫外線の影響

日焼け対策をせずに、無防備に紫外線を浴びていると、頭皮はあっという間に日焼けをしてしまいます。

頭皮が日焼けをすると

  • 皮膚の炎症がおこる
  • 毛穴の炎症がおこる
  • 頭皮が硬くなる

などのダメージを受けます。

頭皮も他の皮膚と同様、たくさんの紫外線を浴びると日焼けをして軽い火傷のような状態になり、皮膚細胞が破壊され炎症を起こします。
また、頭皮をカバーしている皮脂が酸化してしまい、過酸化物質に変化します。

この過酸化物質が毛穴の炎症を引き起こすんですね。
皮脂が過剰に分泌されて、毛穴をふさいでしまうこともあるようなので注意したいところです。

そして、紫外線にさらされた頭皮は乾燥してつっぱります。
夏の海遊びの後の背中などで経験ないですか?皮膚が引っ張られたような感じ。あれと同じですね。

つっぱってしまうと頭皮が伸びてしまい毛穴を塞いでしまうんです。
そして、毛穴が塞がってしまうと、発毛できなくなり毛が抜けてしまいます。

このように、無防備に紫外線を浴び続けると

紫外線を浴びる
 ↓
頭皮がつっぱる
 ↓
毛穴が塞がる
 ↓
毛が抜ける
 ↓
紫外線にさらされる面積が増える
という負のスパイラルに陥ってしまうんです。

ダメージを受けるのは頭皮だけではありません。

頭皮を紫外線などから守ってくれる髪の毛もキューティクルが剥がれ落ちて乾燥してしまうというダメージを受けます。
そしてキューティクルが剥がれ落ち傷んでしまった髪の毛は、髪の毛を洗う時に抜けやすくなってしまいます。

このように紫外線は頭皮と髪の毛にさまざまな悪影響をもたらして、髪の毛が抜けやすくしてしまうんです。
髪の毛が必要以上に抜けるということは、やはり薄毛に近づいてしまいます。

頭皮への紫外線を防いで抜け毛予防

紫外線といえば真夏の7月8月に多いと思われるかもしれませんが、実は3月の後半には真夏と同じくらいの紫外線量なんです。
頭皮を紫外線から守るためには、春から紫外線対策をしなければなりません。

スポンサードリンク

紫外線対策と言えば帽子。でも、「帽子をかぶると禿げる」とも言われていますよね。
じゃーどうしたらいいんだ!となりますが

「帽子をかぶると禿げる」と言われる理由は

  • 帽子で頭を締め付けると血行が悪くなる
  • 長時間かぶり続けると、頭皮が蒸れて雑菌が増える

このような理由なんですね。

なので1日中かぶっていれば、頭皮はダメージを受けて抜け毛が増えてしまう可能性が高くなりますね。
仕事柄、一日中ヘルメット着用などという場合には気を付けた方がいいかもしれません。

しかし、外を出歩くときだけかぶるようにすれば、紫外線対策としてとても有効です。
通気性がよく、締め付けのない帽子がオススメです。

とはいえ、仕事柄帽子はかぶれない人も多いですよね。通勤のスーツに帽子というのもおかしなものです。
なので帽子以外の紫外線対策を知っておくと便利です。

帽子以外の頭皮の紫外線対策

帽子が被れないならどうしようも無いじゃないか、と思うかも知れませんが、ちょっとしたことでダメージを軽減することができます。

髪の分け目を変える

髪の毛の分け目を小まめに変えることも有効なんですよ。
毎日同じ分け目だと、そこばかり紫外線ダメージを受けやすくなりますよね。

新しい分け目にすると、そこの皮膚が白いことに驚いたことありませんか?そうなんです。それだけ分け目部分は露出していてダメージが大きいということです。
なので、分け目を変えて、ダメージを分散するようにしましょう。

UVカット効果のあるヘアスプレー

UVカット用のヘアスプレーなどで紫外線対策をするのも手です。
ただ、ヘアスプレーはどうしても頭皮にも付いてしまうので、使った時にはしっかりとシャンプーをしてスプレーを落とさなければいけません。
洗い残しは抜け毛の原因になってしまうのでご注意を!

シャンプーで日頃から抜け毛予防しておく

毎日のシャンプーも影響してくるので、日ごろから正しいシャンプーのやり方を覚えておくといいですね。
マッサージによる抜け毛防止効果も期待できますよ。

そして、シャンプーそのものに気を使うのは基本中の基本。市販の安物のシャンプーで不要なものをたくさん毛穴に詰まらせてしまったり、逆に必要以上に皮脂を落としてしまうと、何をやっても効果が期待できません。

やはりアミノ酸系のシャンプーで、日頃から頭皮を労わり清潔に保っておくことが大切です。

すでに日焼けでダメージを受けた部分はどうする?

すでに日焼けをしてダメージを受けてしまっているときには、育毛剤でしっかりとケアをしましょう。
炎症や乾燥でダメージを受けた頭皮も、育毛剤できちんと整えてあげれば、深刻なダメージを防ぐことができますよ。

まとめ

男性でも日傘を持つ人をちらほらと見かけるようになった昨今。
日傘は簡単に頭皮を紫外線から守れる便利なアイテムなので、このまま市民権を得られるようになることを願うばかりですね。
しっかりと頭皮の日焼け対策をして、抜け毛予防してくださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です