赤ちゃんの退院時におくるみは夏でも必要?薄手で代用できる素材は?

夏生まれの赤ちゃんの場合、「おくるみ」(アフガン)が本当に必要かどうか迷うところ。
どの出産準備リストにも載っているけど、暑いから使わないんじゃないかと疑問に思いますよね。

そこで、夏のおくるみの使い道や重宝する素材について、我が家の実体験を踏まえてご紹介します。

スポンサードリンク

赤ちゃんの退院時におくるみは夏でも必要?

赤ちゃんの退院時っておくるみに包まれているイメージが強いですよね。
私も2人子どもがいますが、2人ともおくるみ姿で退院しました。

ただ我が家の場合はどちらも秋口だったので、おくるみでも問題なかったのですが、夏の暑い時期におくるみはちょっと暑そうですよね。

いきなり汗疹になっちゃうのも嫌ですし、できるだけ涼しく快適にしてあげたいと思うのが親心。
となれば夏産まれの赤ちゃんには必要ないんじゃない?と思いますよね。

なにかとお金もかかるし、あまり使う機会がないのなら買いたくないないですし。

ですが!おくるみが必要ないと思ってたら大間違いです!意外と活用できるんですよ。

おくるみの役割と活用術

おくるみを使うメリットや状況は多岐に渡ります。

  • ママのおなかの中にいた頃のように、心地よく包まれている感じが安心できる
  • 赤ちゃん特有のモロー反射などの動きを防止して、赤ちゃんがぐっすり眠れるようにする
  • 産まれたてのふにゃふにゃの赤ちゃんを抱っこしやすくする
  • 赤ちゃんにとって危険なうつ伏せ寝にならないようにする

などの効果があるんです。
なので、暑さ寒さに関係なく1枚は用意しておいて欲しいアイテムなんですね。

さらに、新生児を包む以外の利用方法もあります。

  • いつでもどこでもシーツや布団代わりに使える
  • いつでもどこでもおむつ替えシートとして使える
  • 出先でもサッとブランケット代わりに使える
など。

そして、退院は生後間もない赤ちゃんにとって、初めて外に出る機会になります。
気温・湿度ともに快適な病院内から、ジメジメと暑い外に出ることは赤ちゃんにはとっても刺激的なんですね。

そんなときにおくるみでやさしく包んであげていれば、紫外線も遮ることができますし、汗もすばやく吸収してくれるので、ママも赤ちゃんも安心して外に出ることができるんです。

病院をでてすぐに車に乗るにしても、エアコンの冷たい空気から赤ちゃんを守ってくれますよ。
退院後には、授乳や寝かしつけ、エアコン対策などにも大活躍間違いなしのアイテムです。

おくるみは夏なら薄手の素材がいい?

最近のアフガンはとってもかわいいデザインのものがいっぱいで、どれにしようか目移りしてしまいますよね。
でも、おくるみ選びで大切なのは素材です。

夏産まれの赤ちゃんには、ガーゼやパイル地のおくるみがオススメです。
やっぱり暑い夏にはこの2つの素材が気持ちいいんですよね。

1枚入魂で行こうという場合には、フライスを選ぶと良いかもしれません。フライスなら季節を問わずに使えるので、新生児期を過ぎて季節が変わっても長く使えます。

そして、おくるみは大きく分けると2種類あるんですね。
シンプルな正方形のものと、足を入れるところがあるタイプです。

スポンサードリンク

足を入れるところがあるタイプのものは、簡単に赤ちゃんを包めるのでとっても便利なのですが、逆に言えば包むことしかできないんです。
シンプルな正方形のものを買っておくと、エアコン対策などの防寒、車や外出先で寝てしまったときのブランケット代わり、オムツ替えシートなどにも使えますよ。

我が家は子どもが幼稚園生になった今でも、赤ちゃんの時に使っていたおくるみをお昼寝用に使っています。
出産準備で購入したもので唯一今でも使っているものですね。

長く使えるものですし、赤ちゃんは何かと汗をかくので、洗い替え用を含めて2枚は持っておくと便利ですよ。

夏のおくるみの代用はバスタオルでできる?

おくるみはマストアイテムといっても過言ではありませんが、わざわざ買わなくても、バスタオルで代用可能です。

ですが、使い古したゴワゴワのバスタオルでは、赤ちゃんのデリケートなお肌を傷付けてしまいます。
新しいフワフワのものを用意してあげてくださいね。

サイズは普通のものよりちょっと大きめ、70㎝×130㎝くらいのものを半分にして使うと赤ちゃんをくるみやすいと思います。

そして、私が実際に使ってみて、とっても重宝したのがガーゼタオルです。
表がガーゼ、裏がパイル地の薄手のバスタオルなのですが、お風呂上りにはもちろん、おくるみとしても使えますし、眠っているときのタオルケットにも使えます。


普通のバスタオルよりも薄手でコンパクトにたためるので、おでかけやお泊りのときに持ち運びに便利なのも高ポイント。
使い心地も気持ちいので、おくるみの購入を迷っている場合には是非オススメしたいアイテムです。

夏生まれ赤ちゃんのおくるみ まとめ

赤ちゃんも安心できて、使い道たっぷりのおくるみは色々なシーンで大活躍のママの強い味方です。
それに、おくるみに包まれている赤ちゃんってとってもキュートなんです。
この時期にしか見れない姿なので、ぜひおくるみを使ってみてくださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です