夏休み留守番の子供のお昼ご飯。作り置きや簡単レンジメニュー

長~い夏休み。働いているママにとっては、お昼ご飯をどうするかが悩みどころですよね。
子どもだけで火や包丁を使わせるのは心配だし、暑いから作り置きも心配です。

そこで、夏休みにお留守番の子供のお昼ご飯、作り置きや簡単レンジメニューをご紹介します。

スポンサードリンク

夏休みに留守番の子供のお昼ご飯どうする?

子どもは夏休みでも、ママは仕事。宿題や過ごし方などいろいろ心配ですが、問題はお昼ご飯。
夏休みの間は毎日お昼ごはんを作らなくてはいけないけど、お昼に帰ることはできないし、かといって子どもに作らせるのはちょっと心配。

作り置きも、暑さで傷まないか気になります。

子どもだけのお昼ごはんは

・火や包丁などの危ないものを使わないもの
・傷みにくいもの

が良いですね。
高学年ともなれば少しくらい大丈夫かも知れませんが、わざわざ親の不在時に火を使わせる必要はありません。万が一の時に対応できませんからん。

実際に働いているママに聞いてみると、お弁当を用意していくパターンが多いようす。
これなら、包丁や火を使わずに安全です。

暑い時期なので傷んでしまわないのかが気になるところですが、保冷材と保冷バックで十分対策可能だそう。
夏のお弁当作りと同じ要領で、酢や梅干し、抗菌シートなんかを使えば、お昼まで傷まずに置いておくことができます。

その他には、おかずだけ作っておいて、ご飯はお昼に炊き上がるようにセットしたり、パスタを茹でておいて、市販のソースをかけてレンジでチンしたりさせているママもいますね。

夏の定番メニューのそうめんも活躍します。

そうめんを茹でて冷蔵庫に入れておき、食べる直前に水でほぐして食べます。
錦糸卵や薬などを用意しておけば、立派なお昼ごはんになりますね。

1人で買い物に行けるようであれば、たまにはお弁当屋さんやファーストフードなどで済ませてもいいかもしれません。
長い夏休みの数日くらいなら、特別感があって子どもも嬉しいみたいです。

夏休みのお昼ごはん作り置きメニュー

子どものお昼ごはんを作り置きするなら、洗い物が少ないワンディッシュやワンボールのメニューがオススメです。

スポンサードリンク

親子丼やかつ丼などの定番の丼ものはもちろん、ハンバーグを乗せてロコモコ丼にしたり、焼き肉を乗せてカルビ丼にしたり、バラエティ豊かなメニューで、子どもも飽きることなくお昼ごはんを楽しめます。

それでも朝の忙しい時間に用意するのは大変ですよね。
そんな時には、前の日の残り物を活用してみてはいかがでしょうか。

例えば前日がカレーだった場合には、カレーペンネやカレードリアにアレンジしてみましょう。

カレーペンネは、茹でたペンネにカレーをかけて、マヨネーズととろけるチーズをかけてレンジで温めるだけ。
ママがやることは、ペンネを茹でて、カレーをかけて、マヨネーズとチーズをのせるだけ。

カレードリアも同様で、ごはんにカレーをかけて、マヨネーズとチーズをのせるだけ。
あっという間に準備ができちゃいます。

ちなみにかぎっ子だった私の子ども時代の一押しメニューは、ウインナー丼です。
ごはんに焼いたウインナーと卵黄を乗せて、醤油を回し入れるだけ。
いまだにお気に入りのメニューで、月1くらいでランチに登場します。

簡単に出来るうえに子どもウケも良いので、是非お試しください。
ご飯を酢飯にしても美味しいですよ。

夏休みのお昼ごはんレンジでチンできる簡単料理

それでは、子どもが自分で用意できる、レンジでチンする簡単料理をご紹介しましょう!

レンジでチンするだけ!簡単チャーハン

[材料(1人前)] ◎ごはん 1膳分
◎ウインナー 2~3本
◎刻みネギ 適量
◎塩昆布 ひとつまみ
・醤油 小さじ2

ママのやること
・ウインナーを一口大に切ります。
・電子レンジ対応のタッパーに、◎の材料を全部入れて冷蔵庫にいれておきます。
子どものやること
・醤油を回し入れ、レンジで2分程温める。
・よく混ぜて食べる

子どもはレンジでチンするだけですが、できたてのおいしいチャーハンを食べることができます。
ごはん、ウインナー、コーンにケチャップとコンソメ少々で、チキンライス風にもアレンジできますよ。

夏休み留守番の子供のお昼ご飯 まとめ

夏休みはとても長いですから、毎日お昼ごはんを用意するのは大変です。
最近はサッと水でほぐすだけの流水麺など、子どもでも簡単に用意できるものも販売されているので、ぜひ活用してみてくださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です