乳児湿疹に馬油が効果的?ジュクジュクほっぺが悪化するかも?

昔から肌荒れや切り傷、にきびなどの肌トラブルの民間治療薬として愛されてきた馬油。
そんな優れものの馬油ですが、赤ちゃんの乳児湿疹にも効果があるというのは本当でしょうか。

そこで、乳児湿疹に使う馬油の高価やメリット、デメリットなどをご紹介します。

スポンサードリンク

乳児湿疹に馬油の効果は?

実は人間にとって、最も優れたスキンケア成分は自分自身の皮脂です。
そして、馬の油から抽出される馬油は人間の皮脂に最も近い成分でできている天然の保湿剤なんです。

馬油の最大の特徴は、強力な浸透力。
人間の肌との相性がよく、主成分のセラミドが肌の角質層にまで浸透して不足しがちな脂質をしっかりと補ってくれるんです。

セラミドとは、、、
肌のきめを整え、潤いを保ち、外部からの刺激からお肌を守る重要な役割を果たしてくれるスキンケア成分のこと。

なのでママの美容にも効果が期待できちゃいますね。

馬油を手に取ってみると、ベットリとした感じがすると思います。
ですが、このベットリとした馬油をお肌に塗ると、あっという間に浸透してサラサラになってしまうんです。

そして、乳児湿疹に良いと言われる理由は馬油の万能な作用にあります。
馬油には、下のような効果が期待できます。

馬油の抗酸化作用、殺菌作用

馬油は肌に素早く浸透するため、肌内部の空気を追い出して酸化を防いでくれます。
そして馬油で肌の表面に油膜を貼った状態ですと、細菌は皮膚に入り込めなくなり、細菌の繁殖を防いでくれます。 

馬油の炎症を抑える作用

馬油には、炎症を抑えて、熱を取る作用があります。
そのため、火傷やニキビの治療にもよく用いられているんですね。

馬油の血液循環の促進作用

馬油には血液の循環をよくする働きがあり、肩こりや腰痛なんかにも効果があるそう。
目の下のクマにも効果があり、アイクリーム代わりに馬油を使用している方も。

肌トラブルだけでなく、肩こりや腰痛にまで使えるなんて、万能薬と呼ばれるだけのことはありますね。

乳児湿疹ジュクジュクでも馬油塗って大丈夫?

赤ちゃんの肌トラブルの代表とも言える乳児湿疹。
カサカサしたり、赤いブツブツができたり、酷くなるとジュクジュクしちゃうこともあります。

そんなジュクジュク状態でも馬油を塗っていいのか気になりますよね。

ジュクジュクの新生児湿疹ができてしまったら、ガーゼなどで小まめに拭いてあげましょう。
そして、きれいにした後に馬油で保湿するのが正しい順番です。

乳児湿疹に馬油を使うメリット

赤ちゃんの乳児湿疹に馬油を使うメリットは

・肌への刺激が少なく、肌が弱い赤ちゃんにも安心して使えること
・天然成分だから口に入ってしまっても安心

何といってもこの2点です。

乳児湿疹に馬油を使うデメリット

デメリットは無いといっても過言ではないと思うのですが、しいて言えば

・匂いが気になることがある
・ベットリ感がある

スポンサードリンク

というところですかね。

ただベットリ感は小児科で処方されることが多いワセリンほどではありません。
馬油の場合、最初は確かにベットリ感があるのですが、塗ってしまえばすぐに浸透してサラサラになります。
一方、ワセリンの場合はしばらくはテッカテカでヌルヌルします。

私も上の子のときにはワセリンを使っていたのですが、授乳の度にこっちまでヌルヌルするし、服か布団についてしまって嫌だったんですよね。
下の子の時には馬油を使ったのですが、ヌルヌル感もなくいい感じでした。

また馬油は、乳児湿疹だけでなくオムツかぶれやあせも、乾燥肌なんかにも使えます。
さすが万能薬ですね。
ママもパパも使えるので、一家にひとつ常備しておいても損はないと思いますよ。

赤ちゃんに馬油を塗るときの注意点

ただ、馬油は油なので、塗った直後に日光に当たると紫外線ダメージを受けやすくなります。
塗るのはお風呂上りや、おでかけの後にするなどして対策をしてくださいね。

乳児湿疹が馬油で悪化する?

乳児湿疹に効果が期待できる馬油ですが、中には悪化してしまうこともあるんです。

馬油で乳児湿疹が悪化する原因

馬油を塗って赤ちゃんの乳児湿疹が悪化した場合、考えられる理由は2つ。

・馬油に不純物が入っている
・馬油に含まれるたんぱく質が体質に合わない

馬油と言っても、いろいろな種類のものが販売されています。
中には、品質が低く不純物が混ざっていたり、保湿効果が十分ではないものも存在しているんです。

そして赤ちゃんの場合は、大人の肌とは違い角質層も薄くバリア機能も弱いんですね。
そんな赤ちゃんの肌に品質の低い馬油を使えば、乳児湿疹が悪化してしまうのも無理はありません。

赤ちゃんに使う馬油の品質には十分注意が必要です。

新生児や赤ちゃん用の馬油の選び方

赤ちゃん用の馬油を選ぶ際には

・赤ちゃん用のもの
・馬油100%
・無添加

などに注意しながら、品質の良いものを選ぶようにしてください。高い方がいいと一概には言えませんが、あまり安いものは混ざり物がある可能性が高いです。

万が一、馬油で悪化してしまった場合には、すぐに使用を止めましょう。
品質の良いものを選んでいても、馬油に含まれるたんぱく質が合わない体質の赤ちゃんもいます。

なかなか改善しなかったり、ちょっとおかしいなと思うことがあれば、小児科や皮膚科を受診してください。

乳児湿疹を治すには

多くの赤ちゃんが一度は体験するもので、自然治癒するものなのですが、ジュクジュクと荒れた肌を見るのは、ママも辛いと思います。
そんなジュクジュクした新生児湿疹を治すために大切なのは

・清潔
・保湿

この2点です。まずは清潔第一で対応してあげてくださいね。

乳児湿疹に馬油の効果 まとめ

赤ちゃんはもちろん、家族みんなで使える馬油。
一つあれば、さまざまな肌トラブルに使うことができます。
品質の良い馬油を選んで、ツルツルすべすべの赤ちゃん肌を取り戻してあげてくださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です