妊娠中の陰部のかゆみ市販薬で治る?原因と治し方~体験談

妊娠中にデリケートゾーンが痒い。でも病院に行くのはちょっと恥ずかしいので、できれば市販薬で治してみたいけど、、、とお悩みの妊婦さん。
そこで、妊娠中に痒みが生じた場合の対処法を、私の体験談を含めてご紹介します。

スポンサードリンク

妊娠中の陰部のかゆみ市販薬で治る?

妊娠中にあそこが痒い。痛い。デリケートゾーンに効くと言われる市販薬(塗り薬)はテレビで宣伝もしているし、薬局で処方箋なしで購入できます。
婦人科や病院で診てもらうのが恥ずかしかったり面倒な場合はどうしても市販薬で治そうとしがちですが、塗り薬では治らないこともあります。

私もかなりの期間、我慢して過ごしていましたが、最終的には病院で洗浄&飲み薬で1週間ほどで治りました。
婦人科で診てもらったのでもちろん妊婦でも使える薬です。

放置しておくと自然に治ることもあるんですが、妊娠中なので体の抵抗力は普段より劣っています。それに、そのまま出産すると赤ちゃんに感染することも考えられるんですね。

なので、できるだけしっかり治しておくことをお勧めしますが、それでも病院には行きたくないという場合、自然治癒する方法をこの下でご紹介しています。
私は一度こういった方法で治したことがありますのでご参考までに、です。

妊娠中の陰部のかゆみの原因は?

そもそも、どうして妊娠中にあそこが痒くなるんでしょうか。
妊娠中に陰部が痒い原因はいくつかありますが、中でも多いのがガンジダ菌によるカンジダ膣炎(膣カンジダ症)。

ガンジダ膣炎とは

ガンジダという常在菌が異常に繁殖することで起きる症状。カビのようなものですね。
これは妊娠中に限った病気ではなく、女性がなる病気のひとつですが、男性も発症します。女性の場合は痒みだけでなく、痛みや腫れがあったり、オリモノが増えたり白いカスのようなものが下着に付いていたりすることもあります。

私は妊娠中期になりましたが、妊娠初期、妊娠後期になる人もいます。

妊娠中にガンジダ膣炎になりやすい理由

妊娠してから痒みが生じた原因には、次のようなことが考えられます。

1、妊娠により体の抵抗力、免疫力が落ちている
私は妊娠中以外にもなったことがありますが、やはり風邪や疲れなどで体力が落ちている時に発症しました。

2、デリケートゾーンが不潔になっている
特に妊娠後期になるとトイレやシャワーが億劫になったり、清潔を保てないことがあると、菌が繁殖してしまいます。

痒みを抑えるには、とにかく菌が増殖しない環境にしてあげることが必要なんですね。
では、具体的な方法をみていきましょう。

スポンサードリンク

陰部のかゆみの治し方

自分で痒みを治す方法をご紹介します。
もちろん、病院で診てもらえば、これまでの悩み痒みが何だったんだろうって思うほどスッキリ治るんですが、ここでは自宅で自分で治す方法をご紹介しますね。

陰部の痒みの治し方1 菌の繁殖を抑える

ガンジダ菌は一種の菌なので、菌が増えない環境にしてあげることです。
例えば、トイレの後はしっかり拭く。ウォシュレットなど使用した場合は、しっかり乾かしてから下着を履きます。

また、毛のお手入れしてますか?妊娠中だからと億劫になってしまい勝ちな部分ですが、ジャングル状態では菌が繁殖しやすいので、剃るまでしなくても、散髪間隔でちょっと短く切っておくといいですよ。

陰部の痒みの治し方2 悪玉菌を減らす

菌の好物は糖分やイースト。私は妊娠中やたらとパンが食べたくなったんですが、パンってイーストですよね。それが、ガンジダ菌の恰好のエサになっていたようです。

陰部の痒みの治し方3 善玉菌を増やす

菌の増殖を抑えるもう一つの方法として、悪玉菌をやっつけるほどの善玉菌があればいいわけです。
私は乳酸菌飲料やヨーグルトを積極的に食べてみました。これは効果があったような気がします。
ヨーグルトを直接あそこに塗るという方法も見つけましたが、さすがにそれはやってません。余計に不潔になるような気がしますよね、、、

陰部の痒みの治し方4 清潔にする

これはもう最低限やるべきこと。とはいえ、中まで石鹸で洗う必要はありません。というか中まで洗ってはいけません。
外だけ、石鹸で優しく洗ってあげるだけでいいです。そして、お風呂上りはしっかり乾かしてからパンツを履いて下さいね。

陰部の痒みの治し方5 アロマ

洗面器にお湯またはお水を張って、1、2滴、ティーツリーオイルを入れ混ぜます。ティーツリーオイルは抗菌殺菌効果があるので、それで股を洗います。中まで洗うのではなく、洗うのは外側だけでいいです。

以上5つは、私は全部試しました。特にパンを控えてヨーグルトを食べるというのは頑張って続けましたが、やはり同時進行がいいでしょう。
そのお陰か、痒みは一気に減り、1週間後には治りました。
ただ、その後になったときは妊娠後期だったこともあり、医師に相談して洗浄&飲み薬で治しました。

なのでおすすめは、痒みが酷いときは一度産婦人科で相談し治してから、食事や清潔に気を付けて予防しておくことです。
ガンジダって再発しやすいので、特に妊娠中は治っ他後も要注意です。

妊娠中の陰部のかゆみ原因と治し方 まとめ

妊娠中だと市販薬の使用にも気を使います。痒みや痛み、オリモノの変化は恥ずかしいことではないので、とにかく一度、医師に相談してみることをおススメします。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です