妊娠中の手のしびれとむくみ、寝起きになる原因と解消法

妊娠中は、さまざまな体調の変化が出てきますよね。
特にお腹がどんどん大きくなってくる妊娠後期には、手足の不快感に悩まされることもあるでしょう。

症状は様々ですが、圧倒的に多いのがしびれむくみ

ただでさえ、妊娠中は何かと不安になってしまうものなので、普段はあまり気にならない症状でも余計に不安に感じてしまいますね。

そこで今回はそんな不安を少しでも解消するために、妊娠中のしびれやむくみについてまとめてみました。

スポンサードリンク

妊娠中の手のしびれとむくみ

妊婦健診では、様々な検査とともにむくみの有無をチェックしています。
これは妊娠中期から後期にかけての妊婦さんのカラダは、とってもむくみやすくなっているからなんです。

むくみは妊婦さんの約30%に見られる症状で、その原因も様々ですが、放っておくとしびれにつながることもあります。

ある妊婦さんの事例
妊娠9ヶ月目あたりから手足がむくみはじめて、ほどなくして手がしびれるようになったそうです。
包丁を持つのも大変なくらいむくんでしまい、おまけにしびれもあるので、ずっと不快感が付きまとっていたようです。
妊娠中の「むくみ」と「しびれ」は切っても切れない間柄です。

少し前までは、むくみは「妊娠高血圧症候群」の症状とされていましたが、最近になって症状の項目から外されています。
しかし症状の項目から外されたことを危険に思う専門家もいるようなので、まるっきり心配ないとは言いづらいのが現状です。

それでは「むくみ」や「しびれ」の原因についてご紹介しましょう。

寝起きに手がしびれる原因は?

妊娠後期に見られる手のしびれやむくみの原因は、むくみにより神経が圧迫されることでしびれのでる「手根管症候群」が考えられます。

特に寝ている間にむくみが酷くなり、寝起きにしびれを感じるようになります。
症状が酷い場合には、夜中に何度も手のしびれで目が覚めてしまうこともあるようです。

スポンサードリンク

妊娠中はつわりなどで食生活がみだれ、神経障害の原因となるビタミン不足に陥りやすくなっています。
おまけに妊婦さんのカラダは血液と水分のバランスが崩れやすくなっていることから、むくみやすくなっています。

そのむくみが神経を圧迫することで「手根管症候群」を発症してしまうのです。

いきなり「手根管症候群」と言われると驚いてしまいますが、妊娠中の「手根管症候群」は産後にむくみが治まれば、自然に完治することが多いので心配はいりません。

妊娠中の手のしびれ解消法

妊娠中の手のしびれは、ほとんどの場合放置しておいても問題はありませんが、不快なために無駄なストレスを溜めてしまうことになってしまいます。
ストレスはお腹の赤ちゃんにも伝わってしまいますので、放置せずに早めに解消してしまいましょう。

手のしびれを治すには、むくみを解消することが必要不可欠です。

むくみを解消する方法は

食事に気を付ける
・塩分の高い食事や、濃い味付けは避ける
・納豆、昆布、バナナなどのカリウムを多く含む食材を食べる
利尿作用のあるお茶を飲む
・杜仲茶やハトムギ茶、どくだみ茶、たんぽぽ茶などの利尿作用のあるお茶を飲む
カラダを温める
・カラダを冷やさないような服装を心がける
・食べ物や飲み物は温かいものを選ぶ
・半身浴や足湯でカラダを温める
寝方に工夫をする
・寝る時には少しだけ足を高くする。
・仰向けに寝た状態で、手を上にのばしブラブラしてから寝る

リンパマッサージなども効果的ですが、妊婦さんの場合は気を付けてやらないと様々な不調につながる恐れもあります。
どうしてもという場合は信頼できるプロの方にお願いをして施術をしてもらうことをオススメします。

まとめ

妊娠すると様々な症状に悩まされることが多くなります。その症状も千差万別で、1人目と2人目でも違うものです。

心配なことは、どんなことでも医師に相談してしまった方が、無駄な不安を抱えずに過ごすことができます。
心配事や不快なことは早めに解消して、期間限定のマタニティーライフを満喫してくださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です