夫が家事を手伝いすぎる!?専業主婦の子育てと家事の分担は?

主婦の仕事の中でも、やってもやっても終わりが無いと言えるほどたくさんあるのが家事。
そんな時に夫が家事を手伝ってくれるのであれば、とっても助かりますね。

しかし「手伝いすぎる」「やりすぎる」というのも、妙なプレッシャーがかかったり、ペースが乱されたりと、ストレスに感じることもあるという、、、これが男性には理解できないみたいですね。

気分よくやってくれてるのに文句言いたくないし、全くやってくれないのも困るし、伝えるのも難しいですね。
うまくバランスを取る方法や伝え方はないんでしょうか。

スポンサードリンク

夫が家事を手伝いすぎる!?

「夫に家事を手伝って欲しい」と思っている妻は山ほど存在していますが、「夫が全ての家事をやる」ようになると、妻の自己評価が下がり、ストレスが上がるという研究結果が出ています。

専業主婦の妻のストレスが少ないのは「夫は仕事だけ。妻は家事。」と完璧に役割分担ができている場合と、「夫が主体的に家事をやる」場合だそうです。
「夫が少しだけ家事を手伝う」場合は、やり方や分担する割合をめぐってストレスを感じるんだそう。

妻サイドはうなずける内容かと思いますが、夫サイドからすれば「勝手なことを言って!」と納得のいかない研究結果なのではないでしょうか。

手伝ってくれないのもストレスですが、何でもかんでもやられてしまっては、妙なプレッシャーや、自分が評価されてないような寂しい気持ちになるのは仕方のないこと。
他人には伝わりづらい悩みですが、切実な問題です。

いっそのこと「私は何もしない」と開き直って仕事に専念出来れば良いのですが、妊娠中などではそれも難しい、、、夫も良かれと思ってやっていることなので、気持ちを伝えるのも難しい、、、と八方塞がりになってしまいますよね。

それでは、世間の家事の役割分担はどうなっているのでしょうか。
解決につながるヒントを探してみましょう。

専業主婦の子育てと家事の分担はどうなってる?

日本の専業主婦の平均家事時間は約4時間だそうです。朝起きた瞬間から夜眠るまでが仕事中の専業主婦は地味に大変なものです。
特に妊娠中ということであれば、何かと苦労も多いことでしょう。

「夫が家事を手伝いすぎる」なんて愚痴をこぼすと「羨ましい!」「贅沢な悩みだ!」という答えが返ってくるのではないでしょうか。
それくらい世間では「手伝わない夫」がたくさんいるんです。

スポンサードリンク

「イクメン」だ「家事メン」だと話題になっていても、「俺は育児や家事をやっている」と満足しているのは男性だけで、女性側は何かと不満を抱えていることが多いようです。

一般的な専業主婦のいる家庭での家事分担の割合は、妻8:夫2程度の家庭が多いようです。
それぞれの家庭のやり方があるので、正解の存在しない問題ですが、メインの家事は妻、夫はそのサポートというのが、現代での多数派なようですね。

しかし赤ちゃんが生まれると生活は一変します。

産まれて間もないころは、慣れない赤ちゃんのお世話だけで精一杯です。
ママ1人で家事を完璧にこなすなんてことは到底無理です。

そんな時に「お腹空いた」や「靴下どこ?」などという夫では、先が思いやられますよね。
今はストレスに感じる「家事を手伝いすぎる夫」は、この時期には神々しく光り輝いて見えるかもしれません。

夫婦間の不満の伝え方

赤ちゃん誕生の後には光り輝いて見えるかもしれない「家事を手伝いすぎる夫」ですが、現状で感じているモヤモヤはそのままにするのも辛いですよね。

働き方や生き方が多様化している現代では、一般論は意味のないことなのかもしれませんが「専業主婦である自分の役割」を全うしたいと伝えてみてはいかがでしょうか?

妊娠中には難しくなる家事もでてきますので「あなたの協力が必要だ」ということをきちんと伝えたうえで、気持ちを伝えてみましょう。

人間は確固とした役割なしには、なんとも心許ない、不安定な気持ちになるものです。
自分にも役割が必要なこと、そして家事や育児をしていくにあたって協力が必要なことを真摯に伝えましょう。

家事、育児、仕事を夫婦でどうシェアしていくのかを今のうちに話し合っておくことで、いつまでも尊敬しあえる夫婦になれるのではないかと思います。

まとめ

育ってきた環境が違えば、価値観や生活のペースが違うのは当たり前のこと。その違いが小さなストレスになりますが、小さなストレスでも積もれば山になります。
上手に話し合って、お互いにリラックスして生活できるルールを二人で作っていきましょう。
きっとその先には、素敵な家族の生活が待っていますよ!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です