バレンタイン本命の生チョコラッピング。渡す前に溶ける?気づかせるには

恋する女の子にとって大事なイベントのバレンタインデー。

大好きな彼に贈るバレンタインギフトは、中身だけじゃなくラッピングにもこだわって、しっかりと本命アピールしたいですよね。

友チョコや義理チョコと差をつける、女子力の高いかわいいラッピングで、彼に気持ちを伝えましょう!

スポンサードリンク

バレンタイン本命の生チョコはラッピングで決まる!

本命チョコのラッピングは、義理チョコや友チョコと差をつけて、彼のハートをギュッと掴みましょう!

本命チョコのラッピングのポイント

いかにも本命だと分かるようなラッピングとは

  • スペシャル感を演出する
  • ピンクや赤などの暖色系を使う
  • ハートモチーフは必須
  • 直球のメッセージカードを添える

義理チョコや友チョコのカジュアルなラッピングとは一味違う、ピンクやハートで飾ったスペシャル感のあるラッピングで、本命アピールをしちゃいましょう!

ですが、張りきりすぎて派手なラッピングはNGです。
派手なラッピングを苦手に感じる男性もいるので、やりすぎには気を付けてくださいね。

生チョコの場合は、シンプルな生チョコ専用の箱に彼好みのリボンやハートのシールでアレンジをしましょう。
一生懸命にラッピングをすれば、きっと彼にも気持ちが伝わるはずです。

シンプルだけどオシャレ、そしてスペシャル感と高級感があっていいですね。

生チョコを渡すまでに溶けるのを防ぐコツは?

チョコレートの溶解温度は大体40~50℃程度です。なので、室温くらいでは溶けることはありません。

しかし、生チョコは生クリームを加えて作るため、普通のチョコレートよりは溶けやすくなっています。

生チョコの溶解温度は28℃程度なので、冬の暖房の効いた室内などでは溶けてしまう恐れがあるのです。

バレンタインの時期は、どこも暖房が効いていて、室内はどこでも25℃前後くらいになっていると思います。
なので、生チョコには保冷材は必須なのですが、保冷材が丸出しではせっかくのラッピングも台無しです。そこで、

小さな保冷材を、オシャレなワックスペーパーでラッピングして、一緒に保冷バックに入れておけば、水分でチョコのラッピングがよれたりすることもなく、溶けるのも防止できます。

ラッピング用のかわいい保冷バックも市販されているので、使ってみてくださいね。

スポンサードリンク

バレンタインこれは本命だと気づかせる方法

バレンタインに渡すチョコは本命チョコだけではありません。
なので、しっかりと本命アピールをしないと、鈍感な男性には気づいてもらえないことも

心を込めて作ったチョコやラッピングも、気付いてもらえなければ仕方ありません。
そんなときは、チョコレートの渡し方やタイミング、シチュエーションを意識して「本命だ!」と気づかせましょう。

本命チョコの渡し方と渡すタイミング

学校が終わった後に、別の場所に呼びだして渡す
学校でも渡せるのに、わざわざ別の場所を指定して呼び出すと「もしかして告白されるかも!」と彼のテンションも上がるはず。
絶対に義理ではない、特別感を演出できます。
「義理じゃないよ」と宣言する
ちょっと勇気のいる宣言ですが、どんなに鈍感な男性でも本命だと気がつきます。
案外、直球勝負が一番効果的だったりもします。
二人きりのシチュエーションで渡す
みんなのいる空間では、義理感がでてしまうし、冷やかされることもあるので恥ずかしがりやの男性は嫌がる場合も。
二人きりのシチュエーションは、男性の期待値も上がること間違いなし!
言葉にしづらければ、メッセージカードに想いを書いて渡しましょう。

女の子の気持ちは、なかなか伝わりにくいもの。
オブラートに包んでいては、鈍感な男性には気持ちは伝わりません。

メッセージカードや手紙は、少し直球すぎるくらいが丁度いいのかもしれません。

ただ、気持ちを押し付けるのはよくありません。
少し控えめに、それでいてはっきりと伝えることが、彼に本命だと気づいてもらえるポイントです!

まとめ

バレンタイン前にはさまざまなラッピング用品が店頭に並ぶので、彼を想いながら選ぶ時間も楽しいですよね。
シンプルな生チョコ専用の箱も、マスキングテープやワックスペーパーなど、ちょっとしたアイテムでいろんなアレンジができます。

彼を想いながら一生懸命に作った気持ちは、絶対に伝わるはずです。
勇気をだして、素敵なバレンタインにしてくださいね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です