産後の尿漏れにトコちゃんベルト。正しい付け方と骨盤矯正の効果

産後の尿漏れ。赤ちゃんのお世話でそれどころではないですが、くしゃみや咳をする度に漏れて悲しいやら恥ずかしいやら。

そこで、骨盤矯正で有名なトコちゃんベルト。私は産後に骨盤改善のために買ったんですが、これは尿漏れにも効果があると思いました。
その理由と、正しい付け方、尿漏れを治す方法などをご紹介します。

スポンサードリンク

産後の尿漏れにトコちゃんベルト

産後の尿漏れの原因は、いくつかあるんですが、

まず、妊娠中に大きくなった子宮が膀胱を圧迫してトイレが近くなりましたよね。その減少が、出産後もしばらく続きます。

さらに、ご存じのように分娩時に骨盤は大きく開きます。

中でも骨盤底という、骨盤の底の部分に大きな負担が掛かります。
この骨盤底は、子宮や膀胱はもちろん、下腹部の臓器をしっかり支える役目をしているんですが、この骨盤底がゆるむことで尿道の締まりも悪くなってしまうんですね。

尿道の締まりが悪いということは、もうお分かりのように、ふとした弾みに尿漏れに繋がります。

確かに、分娩の衝撃って凄かったですよね。それで感覚が麻痺して、逆に尿を出したくても出せない人もいるようです。

産後の尿漏れにトコちゃんベルトがいい、というより、産後の開いた骨盤を元に戻すことが、結果的に尿漏れを治すことに繋がるということでしょう。

実際、トコちゃんベルトの位置って、腰骨だと私たちが思っている場所より下の方で、股がキュッと締められるんですよね。だから、咳や不意打ちのくしゃみの時にも、ベルトで少しは抑えられていました。

ただ、せっかくの骨盤矯正ベルトも、間違えた場所で付けていたら効果も期待できませんので、まず正しい位置を知ることが大事です。

産後のトコちゃんベルト正しい付け方を知ろう

では、トコちゃんベルトの正しい付け方をご紹介します。

骨盤ベルトと呼ぶからにはもっと腰骨の辺りかと思ってましたが、思っていたより下の方でした。
恥骨を締めるような感じですね。

正しい位置をつかんだら、私は動画の最後に出てくるイラストのように、本をお尻の下に置いて3~5分寝転んでから締めてました。
産後でしたがこの方法でやりましたよ。

スポンサードリンク

実際、5分腰を高くして寝ると内臓が上がるのか、立って締めた時よりベルトがかなり余って緩くなっています。
それに、これをしてからお通じが良くなりましたね。やはり、内臓が正しい位置に戻ることで正常に(活発に)機能するからでしょうか。

産後の尿漏れに骨盤矯正の効果

私の場合、トコちゃんベルトの効果かどうかは分かりませんが、時間とともにいつの間にか治っていました。
こういった運動も覚えておくといいですよ。

毎日は無理でも、一度やってみるとどこに力を入れるべきかの感覚が掴めるので、寝る前や料理中に立っている時間などに、引き締める癖を付けるといいですね。

また、尿漏れだけでなく、骨盤を正しい位置にすることで、産後ダイエットもしやすくなると言われていますので、しっかり治しておきたいですね。


まとめ

私は一人目の出産時は大丈夫でしたが、二人目の妊娠中から尿漏れが酷くなり、産後も続きました。
一日に何度も下着を取り替えてましたね。もちろん、産後1年以上経った今ではそんなことはありません。体型も戻るどころか、前より痩せました。
トコちゃんベルトの効果だけかどうかは分かりませんが、少なくとも影響はあったと思います。

こちらもご参考に⇒出産後くしゃみで尿漏れなぜ治らない?体操で改善してみよう

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です