江戸川花火大会でデート。河川敷と篠崎公園おすすめスポットは?

花火大会デートっていいですよね~!
でも、会場周辺はとっても混雑するので、しっかりと準備をしてかないと「花火は見れたけど、ものすごく疲れた…」という残念なことになりかねません。

そこで、江戸川区花火大会のデートにおすすめの穴場スポットや注意点などをご紹介しますね。

スポンサードリンク

江戸川区花火大会でデートしよう

まずは江戸川区の花火大会の概要をごお知らせしますね。

日程:2016年/平成28年 8月6日(土曜日) 午後7時15分~8時30分
※雨天や強風(荒天)の場合は翌日の8月7日(日曜日)に順延。延期した日も無理な場合は中止。

場所:江戸川河川敷(都立篠崎公園先)
打ち上げ数:約14,000発
来場者数:約140万人(江戸川区側約90万人/市川市側約50万人)
最寄駅:都営地下鉄篠崎駅から徒歩15分
    JR小岩駅/京成電鉄京成江戸川駅から徒歩25分
    都営地下鉄瑞江駅から徒歩45分

江戸川区花火大会は、毎年約140万人という日本一の来場者数を誇る都内屈指の花火大会です。
打ち上げ数14,000発とやや少なめな感じもしますが、オープニングの5秒間で1,000発を一気に打ち上げるという迫力満点の演出は、間近でみるとものすごく興奮しますよ。

江戸川花火の待ち合わせ場所

そんな人気の花火大会なので、当日はとっても混雑します。
彼女と現地で待ち合わせする場合は、駅での待ち合わせが一番わかりやすいのですが、どの駅も人がいっぱいです。
特に篠崎駅と小岩駅は人であふれかえるほどなので待ち合わせ向きではありません。

会場まで少し歩きますが、京成江戸川駅か瑞江駅の方が混雑が少ないので待ち合わせもスムーズですね。
会場までの途中に屋台も出ているので、お祭りの雰囲気を楽しみながら歩けるので、少し遠い道のりですがそんなに苦にはならないでしょう。

花火大会でデートに必須の持ち物は?

花火大会デートをステキな思い出にするためには、お財布とスマホだけという身軽さではいけません。
とはいえ、荷物がたくさんあると人ごみで邪魔になりますし、疲れてしまうので「これだけは持っておいて欲しい」という3アイテムをご紹介します。

持ち物1:レジャーシート
花火大会デートにはレジャーシートは必需品です。
ずっと立って見ているのも疲れますし、彼女を地べたに座らせるわけにもいきません。
会場近くでは人も多くあまり大きいレジャーシートだと顰蹙を買いますが、小さすぎても荷物も置けないし窮屈です。
なので、サイズは3人用くらいのものがベストですね。

持ち物2:絆創膏
彼女が浴衣で来る場合には、必ず持っておきたいのが絆創膏。
履きなれていない下駄だとかなりの確率で鼻緒ずれを起こします。
浴衣でなくても、足場の悪い河川敷を歩くので靴擦れにもなりやすいんです。
そんなトラブルにさっと対応できるように、絆創膏を忍ばせておきましょう。

持ち物3:ビニール袋
会場内にゴミ箱はあるんですが、人が多くてゴミ箱までなかなかたどりつけません。
屋台で気兼ねなく楽しむためにも、ゴミ袋として1枚持っておくととっても便利です。

スポンサードリンク

そして、帰り道でもたつかないためにも、帰りの切符やSuicaやPASMOは必需品です。
切符の場合は、行きに帰りの切符を買っておくと良いですね。SuicaやPASMOはチャージをお忘れなく!

帰りは各駅で入場規制がかかるくらい混雑するので、少しでもスムーズに帰るためには行きの段階で忘れずに準備をしておいてくださいね。

江戸川花火大会を河川敷の土手で見るなら?

江戸川区花火大会のいいところは、土手沿いの広い範囲で花火を楽しめるところです。
打ち上げ会場の篠崎緑地は東京ドーム約6個分の広さがあるので、他の都内の花火大会に比べてもそれほど苦労せずに座るところを探すことができると思います。

良く見える場所は早くから場所取りをされているのですが、2人分くらいのスペースなら5時くらいに行っても確保できることが多いです。

江戸川花火おススメの場所と穴場

オススメは篠崎公園から江戸川病院前少年野球場(江戸川グランド)あたりまでの土手ですね。
小岩駅や京成江戸川駅への帰り道確保も考慮に入れた穴場スポットです。

江戸川病院から打ち上げ会場まで直線距離で約1.4㎞なので、迫力も損なうことなくガッツリと楽しめます。
ただ、草むらなのでけっこう蚊に刺されます。虫よけスプレーは必ず持って行った方が良いですね。

トイレは江戸川病院前の野球場横にあるので、いざというときにも安心ですね。

江戸川花火大会を篠崎公園で観覧するなら?

江戸川区花火大会の鑑賞スポットとしても名高い篠崎公園ですが、じつは「第一」と「第二」の2つの篠崎公園が存在しています。
まずここを間違えると大変なので、しっかり確認しておいてくださいね。

そして花火会場から最も近い鑑賞スポットとされる篠崎公園は第一の方です。
ここは打ち上げ会場の真後ろということもあり、迫力満点の花火を楽しむことができる絶好の観覧スポットです。

ですが、絶好の観覧スポットなだけあって、とっても混雑するんですね。
特に人気の場所は芝生広場なのですが、ここは前日から場所取りをする人が多い激戦区です。
ただ、この芝生広は木が邪魔で見えにくい場所があるんです。この木が邪魔で見えにくいポイントは当日の夕方に行っても空いていることが多いです。

でも、せっかくだから見やすい方がいいですよね。
篠崎公園で一番花火がよく見える場所は「篠崎公園サービスセンター前」です。
ここも混雑はしていますが、運が良ければ座るスペースを確保できます。

公園内で唯一木に邪魔されることなく花火を楽しめる穴場スポットなので、どこでみようか迷ったら、ひとまず篠崎公園サービスセンター前に行ってみるといいですね。

ちなみに、公園内にはトイレが6箇所ありますが、どこも混んでいます。
花火見たさにギリギリまで我慢すると大変なことになるので、余裕を持って行くようにしてくださいね。

さらに穴場を探すなら川向うの市川側もおすすめです⇒江戸川区花火大会を市川側で見よう。場所取りや混雑駅など徹底解説!

江戸川花火大会でデート まとめ

江戸川区花火大会の最大の難所は、帰り道です。
周辺の駅はどこも入場規制がかかるので、花火が終わっても数時間は帰れないなんてことはざらです。
篠崎駅周辺は時間を潰せるお店があまりないので、帰りは小岩駅を利用すると駅が空くまで楽しく時間が潰せます。
難所の帰り道のためにも、花火の間は座って体力を温存しておいた方が良いかもしれませんね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です