ノボテルシティゲート香港シャトルバス乗り場と行き方

香港でのトランジットのため、香港国際空港から近いノボテルシティーゲートに泊まりました。
空港からの無料シャトルバスの場所がちょっと分かりにくかったので乗り場の案内と行き方も詳しくご紹介します。

ノボテルシティーゲートのレビューはこちら>>香港ノボテルシティゲートホテルに泊まりました感想とレビュー

スポンサードリンク

ノボテルシティゲート香港シャトルバス乗り場への行き方

では、空港からノボテルへのシャトルバス乗り場への行き方です。
トランジットなので出国手続きとか違うのかな、とウロウロしたものの、普通に外に出て良いとのことでした。
(乗り継ぎ便のボーディングパスは最初の便のチェックイン時に発券済で、預け荷物も受け取らずそのままで良かったので。)

飛行機を降りたら人の流れに続いてarrival/transferの方へ。

飛行機を降りる場所に寄っては、シャトルに乗ることもあります。
>>香港国際空港乗り継ぎレポ。wifiからレストランまで詳細はこちら

ここの反対側がイミグレーション(入国審査)。恐らく撮影禁止なので反対側を撮影しました。

余談ですが、香港って、いつからか入国スタンプではなく、パスポートサイズの紙キレ(入国日や滞在期限が印字されている)と、更に小さい紙キレをパスポートに挟むだけなんですね。

到着ゲートを出る前に地図があったのでなんとなくの位置を確認。

そして、ノボテルシティーゲート行き無料シャトルバス乗り場があるターミナル2を目指します。

これが結構遠いです。
到着したのがターミナル1だったからでしょうか。ひたすら歩きます。

荷物は少なかったですが、パソコン(ノートブック)も持っていたので結構重く、荷物用カートを利用しました。
荷物が多くなくても使った方が楽ですね。

ここが各種バスが出ているところ。

バスのチケット売り場があります。

スポンサードリンク

なんとなく呼び込みっぽい感じで声を掛けられますが、関係無いので笑顔でスルー。
その先、既に23時近くになっていたからか、ガラガラの乗り口。

29番30番がノボテルシティーゲートの無料シャトルバスの乗り口です。
「ノボテルのシャトルバス」と分かるような表示は無い(見当たらなかった)ので、番号を目指して行くしかありません。

ちなみに、乗り口の向かい(空港内)にコンビニ・セブンイレブンがありました。

出国ゲートすぐにセブンで買い物した時は結構な混雑だったのに、こっちはガラガラ。。。
時間によるのかもですが、慌てて買い物せずに、こっちでバス待ちの時間に買うのもいいですね。

シャトルバスはこういう青い、マイクロバスのようなバスです。正面に大きくNOVOTELと書かれているのですぐに分かります。
私たちは着いた時にバスがちょうどいたので、そのまますぐ乗り込みました。

バスは10分ほどでホテルに到着しました。空港から5分と書いてる記事をいくつか見掛けましたが、23時過ぎの空いてる時間帯でも10分弱掛かったと思います。

ノボテルシティゲート香港シャトルバス運行時間

着いてからホテルの人に聞いたのですが、シャトルバスは20分毎に運行しているとのこと。
始発は午前6時、最終は午後11時45分。ホームページでは15分毎となっているので、「だいたいそれくらい」というアバウトな時間なんでしょうね。

それ以降または運行前の早朝はタクシーになりますが、今回シャトルを利用して思ったのは、空港を降りてとにかく早く行きたい場合はタクシーで5分ほどなので、タクシーでもいいかな、と。
香港のタクシーって安いと評判ですし。特に私たちのように、飛行機を降りたターミナルからシャトル乗り場まで遠い場合はタクシーでもいいかな、と。

ホテルはMTR東涌(Tung Chung)駅の近くなんですが、空港からの線では停まりません。

ノボテルシティゲート香港シャトルバス乗り場と行き方 まとめ

私がシャトルを利用した最大の理由は、両替しなくて良いこと。
ホテルの支払いはクレジットカードだし、空港内のコンビニや買い物、食事にもクレジットカード利用。
タクシーや電車のために両替する煩わしさや、残ったお金の使い道など考えると、シャトルバスを利用するメリットは大きかったです。

運転は評判通り割と荒かったですね(笑)
3歳の子供がいたので、子供を窓側に、通路側に大人が座って落ちないようにしました。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です