シュトーレンの美味しい食べ方と合う飲み物。保存は冷凍か冷蔵?

12月に入るとケーキ屋さんパン屋さん、スーパーなどでも目にするシュトーレン。
いよいよクリスマス気分が盛り上がりますね。

せっかくなら美味しく食べて、美味しいまま保存したいものです。
そこで、シュトレンの美味しい食べ方と、シュトレンに合う飲み物、味を台無しにしない上手な保存方法などをご紹介します。

スポンサードリンク

シュトーレンの美味しい食べ方

シュトレンは、そのままでも4週間は日持ちするどっしりしたケーキのようなパン。

中にはドライフルーツやナッツがたっぷり、マジパンが入っていることも。
そして外側はバターと粉砂糖でコーティングされています。

>>シュトーレンが日持ちする理由は?正しい保存期間と食べ頃は?

もちろん、これだけで食べてもカロリーが高い!
製法に寄ってはかなり甘いので、一度にたくさん食べられるものでもありません。

また、シュトーレンの美味しい食べ方をご紹介する前に、シュトレンには食べ頃というものがあります。
出来てすぐよりも、数日~数種間置いた方が、ドライフルーツやスパイスの味が馴染んで美味しいんですね。

なので、手作りのシュトーレンの場合は1週間くらいは寝かせて、市販のシュトレンの場合は記載されている食べ頃を目安に食べ始めて下さい。

そして、本場ドイツでのシュトレンの定番、一般的な食べ方と言えば、
「スライスしてそのまま食べる」です。

1cmくらいにスライスして手でパクリと食べたり、お皿に入れてフォークで小さく切って食べたり。
食べる都度、食べる分だけをスライスして下さいね。

シュトレンの美味しい食べ方アレンジ

シュトレンは周りにバターと粉砂糖でしっかりコーティングされているので、そのまま食べても充分美味しいですが、冷やしたり温めても美味しいです。
日が経つにつれ微妙な味の変化を楽しむのも良いですし、アレンジやトッピングをしてみるのも良いでしょう。

1、レンジで軽く温めて食べる
切ったシュトーレンにふんわりラップを掛けて約10秒~20秒。軽く温めます。
生地がよりしっとりして、中のドライフルーツの香りが漂ってきます。

2、冷蔵庫で冷やして食べる
シュトレンは冷蔵庫で冷やすと少し固くなりますし、周りをコーティングしている粉糖が冷蔵庫内の湿気を吸って溶けてしまう可能性はありますが、
野菜室で少し冷やして食べても美味しいですよ。

3、ホイップクリームをトッピング
フルーティーで濃厚なシュトーレンですが、泡立てた生クリームをトッピングして一緒に食べると更にリッチな食べ物に。
ケーキに使う時のように角が立つほど泡立てず、軽くホイップした状態でもいいでしょう。
ホイップクリームはお砂糖などの糖分は加えなくても、シュトーレンの甘味と混ざってほどよい甘さになりますよ。

4、クリームチーズやヨーグルト
カロリーが気になるところですが、お好みでクリームチーズやヨーグルトを乗せて食べても美味しいです。
チーズやヨーグルトの酸味が、シュトレンの甘味と絶妙に調和します。

5、アイスクリーム
バニラアイスやキャラメルなど、アイスクリームを盛ってお洒落な一皿として、来客時におもてなし。

6、バター
シュトーレンの周囲にバターはたっぷり塗られていますが、スライスした断面にもバターを塗って食べます。
この際カロリーや油脂は気にせず、美味しく頂いちゃいましょう。

毎日少しずつ食べていくものなので、たまには気分を変えて、味を変えて、色んなバリエーションを楽しんで下さい。

シュトーレンに合う飲み物は?

シュトーレンと言えば寒い冬に食べるものですが、どんな飲み物が合うんでしょうか。

1、シュトーレンとホットコーヒー
ブラックコーヒーの苦味とシュトーレン、またはたっぷりミルク入りコーヒーとシュトーレン。
私はこの組み合わせが一番好きです。

スポンサードリンク

2、シュトーレンと紅茶
午後のティータイムにお友達と一緒にシュトレン。
ストレートで、レモンティーで、ミルクたっぷりロイヤルミルクティーで。

3、シュトーレンとホットミルク
温めた牛乳とも合います。シュトレンを浸して食べると◎
ココアやホットチョコレートも意外といけますよ。
コーヒーや紅茶があまり好きでないという方にはこちらがおススメです。

4、シュトーレンとフルーツティー
スライスしたオレンジやリンゴ、いちご、ブドウ、ブルーベリーなどに熱い紅茶を注いでフルーツティーに。
お好みでシナモンなどのスパイスを入れてもいいでしょう。
ティーバッグになったフルーツティーも市販されています。

5、シュトーレンとホットワイン
ドイツ、クリスマス、シュトレンとくればワインでしょう。
冷たい、常温のワインでもいいですが、クローブやシナモンなどのスパイスやお砂糖と一緒に温めたグリューワイン(ホットワイン/モルドワイン)との相性は抜群。
大人の味で、冷えた身体を温めてくれます。

6、シュトーレンと洋酒
シュトレンはワイン以外の洋酒にも合います。
特にシャンパンは爽やかな炭酸がシュトーレンのもったり感を和らげてくれます。
パーティーに出す場合にもいいですね。

和とのコラボで、苦味のある緑茶もいけると思いますよ。

同じく冬のスパイスケーキ、パンデピスとも共通するものがあるので、こちらもご参考に!
>>パンデピスのおいしい食べ方とアレンジ、賞味期限や保存方法もご紹介!

シュトーレンの保存は冷凍か冷蔵か?

シュトーレンを美味しいまま保存するには、いくつかのポイントがあります。
せっかくなので、いつまでも美味しさを保ちたいですよね。

シュトーレンの上手な切り分け方

おいしく保存するためには、まずは切り方から。
よく「シュトレンは真ん中で半分に切って、そこから端に向かって切っていく」との記載を見掛けますが、
それは「断面が空気に触れないよう、切った面同士をくっつけておく」ためであるので、
別に真ん中半分で切る必要は無いと私は思っています。

私は、端から5センチくらいを切って、それをフタにしています。
もっと端でもいいですが、端っこってちょっと小さいので断面が合わなくなるので、要は断面が合う場所ならどこでもいいです。

シュトーレンを冷蔵保存する場合

シュトーレンは常温でも賞味期限が4週間と、長く日持ちするものですが、やはり手作りのものや、市販のものでもそのまま置いておくのは気になるという場合や、冷蔵した方が安心という方もいるでしょう。

冷蔵する場合は、切った断面にしっかりラップまたは、上記の方法で断面同士をピタッとくっつけて全体をラップで密閉します。
さらにアルミホイルで包めば完璧。シュトーレンが入るサイズのタッパーがあるなら、ラップをした状態でそこに入れてもいいでしょう。

※シュトーレンを冷蔵庫に入れると、冷蔵庫内の湿気を吸って、表面の粉糖が溶けてしまうこともあります。

シュトーレンを冷凍保存する場合

シュトーレンは冷凍保存できます。
食べるサイズにスライスして、一切れずつラップにくるんでジップロックやタッパーに入れて冷凍庫へ。

食べるときは、常温または冷蔵庫でゆっくり自然解凍するのがいいですが、お好みでレンジで軽く温めてもいいですよ。

ただ、冷凍保存するほど長く食べないわけではないと思うので、個人的には少しずつ食べて味の変化を楽しみつつ1カ月くらいで食べきりたいです。

>>シュトーレンが日持ちする理由は?正しい保存期間と食べ頃は?

シュトーレンの美味しい食べ方と合う飲み物。保存は冷凍か冷蔵?

本場ドイツでは、クリスマスの4週間前から食べ始めて、クリスマスへのカウントダウンを楽しむと言われています。
それだけ、自然と長持ちする製法、味が引き出せるように考えて作られているんですね。

色んな食べ方で、楽しんでみてください。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です