プログラマーの仕事内容は?なるには大学か専門学校?SEとの違い

進学や就職の時期となれば周りがいろいろ聞いてきますよね。

でも、将来の夢なんて聞かれてもパッと答えられるはずもありません。
社会経験もないのに、社会に出て何か自分らしい事をしろっていうのが難しい話です。

そんな中、小学生からコンピュータに親しみ、ある程度詳しくなったから、プログラマーなんてどう?と考えるかも知れません。
一つの選択としてとてもいいですが、今いち分かりにくいプログラマーという職種。

そこで、具体的な仕事内容や勉強方法などをご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

プログラマーの仕事内容は?

プログラムとは、コンピュータがどう動くか命令する文章を作成することです。

現在コンピュータは沢山あります。身近なものだと電化製品がありますよね。
インターネットで閲覧できるWEBサイトの作成もプログラムなしでは語れません。機会の数だけプログラムが存在しています。

プログラムは技術なので、コンピュータのことをよく知ることもできます。卓越すれば世界で通用する技術になります。
もちろん大変なこともありますが、機械製品は身近なものなので、学んで損はありません。

プログラマーの具体的な仕事としては、自分が所属する社内や他社のオフィスで、ひたすらコンピューターのプログラムを打ちます。

沢山書いた後は沢山のテストをします。テスト結果の用紙がなければ自分で作成したり、コンピューターの環境が整っていなくても周りがしゃべっていても、ひたすら黙々と作業します。

それでも作業過程をみるのはとても楽しいし、完成したら爽快感もありますよ。

プログラマーになるには大学か専門学校か

本当にプログラマーになりたいと思うのであれば、専門性のある大学に行くのがいいです。
なんとなくプログラマーになろうかなと思う人は、専門学校や、短大を受けるのがいいです。

あまりやる気がないのに、4年も学校に行くのは、疲れてしまいます。
2年なら勉強期間が短いですし、短大や専門学校では一日みっちり集中的に専門性を学ぶので、やりがいもあります。

就職もすぐにできるし、就職後にあまりあってないと思ったときは、まだ若いうちに進路変更できます。

進路があやふやなときは、社会にでて沢山の経験をしながらいろいろな人に出会ううちに、自分がどうしてもしたい分野が出てきます。
若いうちなら再チャレンジが可能なので、進路を変更する時間とそのための社会経験がある程度得られるので、4年制よりもお得です。

最初から進路を決めてればいろいろ学ぶ苦労がなくて済むと思う人もいるかもしれませんが、経験こそ大切な財産です。
世の中に出てずっと後になったらわかる事ですけどね。

スポンサードリンク

4年制に行くメリットは、プログラムのことだけでなく、下記のようなことがあります。

  • 他学科との交流があり、雰囲気の違いを見ることができる
  • 研究発表をするときは、今までにない取り組みを試すことができる
  • 先生からの応援や、学校の設備が豊かだったりして、勉強の根本を学ぶことができる

その結果実践的な事を学ぶのがおろそかになったりする学科もありますが、プログラムの基礎や重要性など、大きな枠組みをしっかり教えてくれます。

プログラマーとSEの違い

プログラマーと混同される職業の一つにSEがあります。
SEとは、システム エンジニア(system engineer)の略。

SEの仕事内容はお客様探しから始まります。

営業に行って、こういうことができますよと会社の宣伝をし、仕事を受けます。
契約をした仕事をどういうふうに進めるかを決めて、プログラマーに振り分け、仕上がった仕事を確認します。

そのあとは、お客様との付き合いがあったり、プログラマーとお客様の間に立ったりします。
必要であればプログラムも構築したりします。

プログラマーは、SEから言われた作業を、ずっとこなし、形にしていきます。納期があるので期限が近くなるとSEからいっぱい言われます。
また普段の業務内容をSEに報告します。

でも実際はSEとプログラマーは明確な線引きがありません
SEが人手不足のためプログラムをしたり、プログラマーがSEの代わりに会社同士の中に入って契約をとり、作業をすることもあります。

プログラマーも仕事ができるようになるにつれて、人付き合いやお客様との接し方を学ばないといけません。
場所によっては、プログラムを作る環境を整えたり、あまり表だって作業ができなかったりと、柔軟に対応しなければなりません。

SEになるためには、本当に幅広く学ばなければなりません。新しい技術を学ぶのはもちろんのことですが、一般的なニュースやお客様の状況も学ばないといけません。

日々学び、プログラマーに付き合いながら仕事をこなすのは、とても大変です。あまり眠れない日が続くかもしれません。

それでも大きな契約ができるのは、SEだけです。プログラマーができるのは小さな契約までです。
大きな契約は大きな知識がないとできません。SEは、とても立派なお仕事ですよね。
 

まとめ

私も今したいことをしていますが、かなり悩みましたし、迷惑もかけました。
遠回りを沢山してみつけた答えですが、今はそれなしては生きていけません。
自分にとってしたい事が仕事に繋がるまでとても時間がかかりましたが、今は頑張ってきてよかったなと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です