生クリームの冷凍保存そのままできる?解凍方法と賞味期限に注意

生クリーム、ちょっとでいいんですよね料理に使うのって。
1パック使い切れません。

そこで、余った生クリームの上手な冷凍保存方法と、失敗しない解凍や賞味期限についてご紹介します。
これで躊躇なく買えますよ!

ケーキの保存方法についてお探しの方はこちらをどうぞ!
>>クリスマスケーキは冷凍保存できる?生クリームも?解凍は常温で?


生クリームの冷凍保存そのままできる?

使い切れず残った生クリーム。
冷蔵庫に入れておいてもそんなに長持ちしないし困ったものです。

でも、生クリームはそのまま冷凍保存できます。
植物性でも動物性でも、脂肪分に関係なく冷凍できます。

生クリームの冷凍保存する方法

開封したパックごと冷凍しても大丈夫ですが、私は製氷機などで小さく分けて冷凍しています。
凍ったら製氷機から外してジップロックやタッパーに入れて冷凍庫に入れておけば場所も取りません。

パスタやクリームシチューに大さじ1ほど欲しいときに塊のまま必要なだけポンと入れられて便利ですよ。

ただし、そのまま冷凍したものは、解凍して泡立ててもホイップクリームにはなりません。料理やケーキ生地に入れて使いましょう。

泡立てた状態の生クリームの冷凍は?

ケーキやスイーツのトッピングとしてホイップしてしまった場合も、その状態で冷凍保存できます。
専用の絞り袋やビニール袋、タッパーなどに入れた状態で冷凍してもいいですし、小分けした状態で冷凍してもいいです。

しぼり袋に入れて冷凍しておくと、使うときにとっても便利です。
それ以外は、私はクッキーくらいの大きさになるようスプーンですくってトレーに並べて冷凍します。

生クリームの冷凍保存

写真のような状態で、ラップなどかけずにそのまま冷凍庫に入れます。
ステンレスのトレーやアルミホイルの上の方が少しでも早く冷凍できるような気がします。

そのままでは場所を取るので固まったらまとめて袋やジップロックに入れて冷凍庫にしまっておきます。
これで、このままコーヒーに浮かべたり、解凍してケーキの飾り付けに使ったり、ビスケットに挟んだり、パンケーキにトッピングしたり、フルーツ盛り合わせの上に乗せてパフェっぽくしたり、使い道は様々です。

前もって使い道を決めて、そのサイズで冷凍しておくといいですね。

生クリームを冷凍して解凍する方法

冷凍した生クリームは自然解凍します。
そのまま冷凍した場合も、ホイップして冷凍した場合も同じく自然解凍です。

ただ、夏の暑い日は一気に溶けてしまうので、心配な場合は冷蔵庫でゆっくり解凍するといいですね。

解凍時間は小分けしたサイズや量、生クリームの種類によりますが、氷が解けるのと同じようなイメージでいいでしょう。
(実際には違うでしょうが、大まかな目安として、です。)

製氷機などで小分けにしてあるものを熱い料理に使う場合は、そのまま入れちゃっても大丈夫です。
例えばクリームシチューやカルボナーラのアクセントにひと塊入れるだけ、なら、熱い具材の中にポチャンと入れちゃえばOK!

私が最近ハマっているのは、トーストにホイップした生クリームを乗せてチョコレートシロップや蜂蜜を掛けて食べること。
ホイップした生クリームの冷凍を前日の夜から冷蔵庫に入れてゆっくり解凍しておくと、朝食時間にはちょうどいい感じに溶けていますよ。

生クリームを冷凍した場合の賞味期限は?

さて、冷凍保存した生クリームはどのくらい持つのか。
”消費期限”という点で言えば半年は余裕でしょうが、”賞味期限”という点ならせいぜい1ヵ月くらいだと私は思います。

せっかくの生クリーム、少しでも美味しい状態で食べたいですもんね。
1~2ヵ月あれば何かと使う機会はあるでしょう。

ただ、すっかり忘れてた!なんてこともありえるので、忘れないように。

生クリームだけでなく、ケーキだって冷凍保存!
>>クリスマスケーキは冷凍保存できる?生クリームも?解凍は常温で?

生クリームの冷凍保存そのままできる?解凍方法と賞味期限に注意 まとめ

冷凍ではありませんが、残った生クリームが200gくらいなら冷凍しなくても2人前(パスタ160g~200g)のなんちゃってカルボナーラが出来ちゃいます。
作り方は簡単。ベーコンと玉ねぎを炒めて、そこに生クリームを投入。ひと煮立ちしたら茹でたパスタを入れて絡めるだけ。
ちょっと濃厚すぎるなと思ったら茹で汁を多い目に入れてもいいです。

卵もチーズもなくてもコッテリしたカルボナーラが簡単に作れますよー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連