ダッチオーブンお手入れ最初のシーズニングのやり方ここが肝心!

念願のダッチオーブンをついに購入!
ダッチオーブンは使う前にシーズニングが必要なのは知っているけど「正しい工程がわからない」とお悩みではないですか。

どうせやるなら、しっかりとシーズニングして、丁寧に使い込んでいきたいものです。
そこで今回はダッチオーブンのシーズニングについて徹底的に解説します。

スポンサードリンク

ダッチオーブンのお手入れ最初にやることは?

ダッチオーブンを購入したら、最初にやらなければいけないのがシーズニング。
ダッチオーブンと言えば「ブラックポット」と呼ばれる真っ黒な鍋が思い浮かぶと思いますが、新品のダッチオーブンはキレイな銀色をしていますよね。

予想外の姿にあれ?と思ったかもしれませんが、この銀色のダッチオーブンを真っ黒な「ブラックポット」と呼ばれる真っ黒な状態にする作業がシーズニングです。

メーカーに寄ってはシーズニング不要のものもありますが、自分でシーズニングしたものは格別の愛着が出ることでしょう。

まず、新品の銀色のダッチオーブンンは、錆止めワックスが塗られています。
そして、このワックスを落とさずに料理をしてしまうと、とんでもなくワックス臭い料理ができあがってしまうのです。

そんな悲惨な料理を生みださないためにも、しっかりとシーズニングをしなくていけません。

シーズニングのやり方ダッチオーブンはここが肝心

シーズニングをやるなら、正しい方法で丁寧に行いましょう。
最初のシーズニングをしっかりとやっておけば、焦げ付きにくくなりその後のお手入れも楽になります。

シーズニングの準備と手順

用意するもの
・中性洗剤
・亀の子たわし
・オリーブオイル
・キッチンペーパー
・タオル
・香草やくず野菜

では、やり方を順番に見てみましょう。

1、ダッチオーブンに水を張り、火にかけます
2、40℃(お風呂のお湯)くらいになったら、火からおろします
3、お湯を流し、中性洗剤と亀の子たわしを使ってゴシゴシと洗っていきます。蓋も同様に洗いましょう。
ここまでの工程を、ワックスの油分が浮いてこなくなるまで2~3回繰り返します。
そして、ワックスを落としきったらタオルで拭き、自然乾燥させます。
4、乾燥したダッチオーブンに、キッチンペーパーなどを使ってオリーブオイルを薄く塗っていきます。
5、オリーブオイルを塗ったダッチオーブンを火にかけ加熱します。
6、モクモクと煙がでてきてダッチオーブンが黒くなっていきます。煙が出なくなったら火を止めてそのまま自然に冷まします。
ここで焦って水をかけるなどして温度を下げるのは厳禁です。

※4~6の工程をダッチオーブン全体が黒くなるまで3~4回程繰り返します。

スポンサードリンク

7、次に、鉄臭さを取るために、香草やくず野菜を炒めていきます。
  オリーブオイルをひいてから、強火で一気に炒めましょう。
8、炒めた野菜を捨て、キッチンペーパーで油をふき取ります。
9、最後に、キッチンペーパーを使って全体にオリーブオイルを薄く塗ります。
  煙が出なくなるまで熱したら、そのまま自然に冷まします

これでシーズニング完了です。

実際にやっている動画、こちらで流れを掴むと分かりやすいんじゃないでしょうか。

ポイントはオリーブオイルを薄く何度も塗ること。
こうすることで、表面の気泡が油の膜でふさがり、焦げや錆を防いでくれます。

かなりの煙が出るので自宅のキッチンでやる場合は換気扇を全開にして、できれば窓や扉も開けっ放してすることをおススメします。

ダッチオーブンのお手入れ外側はどうする?

鉄製のダッチオーブンはしっかりとお手入れをしないとアッという間に錆びてしまいま
す。
なので、内側と同様、外側やフタにも油でコーティングする必要があります。

シーズニングのときは、最後に熱して火からおろした後、まだ熱いうちに薄く塗ります。
その後にキャンプなどで使用した後も同様です。

こうすることで錆を防ぎ、黒く美しいダッチオーブンに育てていけるのです。

このダッチオーブンをコーティングしている油分を落としてしまうと、シーズニング効果がなくなり錆びやすくなります。
洗剤で洗ってしまうと、この大事な油分が落ちてしまい、シーズニング効果がなくなってしまうんですね。

洗剤を使わないのは鉄製の鍋に共通するところです。

料理に使用した後は、ダッチオーブンに水を張り、火にかけて沸騰させます。
汚れはヘラなどでそぎ落としましょう。

その後はキレイな水で洗い流し、乾燥させてから油を薄く引いて火にかけます。
この時、煙が出なくなるまで熱してくださいね。
水分が残ったままだと1週間もしないうちに錆びてしまいます。その後は自然に冷ませば、ダッチオーブンはきれいになります。

収納するときには、新聞紙を詰めたり、蓋と鍋の間に割りばしを挟んで空間を作っておくと錆びにくくなります。
特にシーズンオフなどに長期保管するときは湿気は大敵です。

黒く美しい「ブラックポット」に育つよう、しっかりとお手入れをしてくださいね。

サビでしまったら?⇒ダッチオーブンに赤錆が!サビ取り方法とシーズニングのやり直し

まとめ

キャンプに欠かせない万能鍋として人気のダッチオーブン。
お手入れには手間がかかりますが、「ブラックポット」に育ったダッチオーブンは、キャンプ場では羨望の的になります。
時間はかかりますが、手間をかけるほど愛着が湧くものです。しっかりとお手入れをして、大事に使ってくださいね。

キャンプ関連記事一覧はこちら⇒キャンプにアウトドア、バーベキュー特集

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です