夏休みの過ごし方ママと幼稚園児の闘い!生活リズムと年少の目標

ママにとっては気が重い夏休み。子どもは家で大人しくなんてしてはくれません。
しかもそれが1ヶ月半も続くとなると、想像するたけでため息が出ちゃいますよね。
そんな長い夏休みを幼稚園児とどう過ごすのか、タイムスケジュールや目標など体験談も交えて紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

夏休みの過ごし方アイディア幼稚園児向け

幼稚園に通う前は、子どもと一緒が当たり前だった毎日。
それが幼稚園に通い始めると、子どもと離れる時間ができて、自分の時間も少しは確保できるようになってきます。

そんな生活に慣れた頃にやってくるのが、なが~い夏休み。
子どもが四六時中一緒にいる夏休みは、スムーズにこなせた家事も、自分の時間も、幻のように感じるでしょう。
数か月前まではずっと一緒だったわけですし、たいしたことないような気もしますが、夏休みの前半は「家事が進まない!」とか「子どもが家の中で大騒ぎ!」とストレスが溜まったりするものです。

子どもは子どもで、幼稚園に通うことで体力がついています。なので家の中だけでは満足できないんですよね。
どんなに暑くても「外で遊びたーい!」と要求してきます。

ですが、外は炎天下です!
熱中症になってしまっては元も子もないので、なるべく家でできることで満足してほしいところ。

家の中でできる夏休みの遊び1 水遊び

そんなときにオススメなのが水遊びです。

庭やベランダでビニールプールを出せればそれが一番なのですが、庭が無くても、ベランダが狭くても大丈夫です。
水遊びは、お風呂でやればいいのです!
ただ、服を脱がせて入れるのでは普段のお風呂と代わり映えせず、子どものテンションもあがりません。

お風呂を楽しいプールに変身させるポイントは「水着」です!
水着を着るだけで、ちょっと特別な感じがしますよね。

そして、ペットボトルや洗剤の空き容器など、おもちゃになるものを渡しておくと結構楽しんでくれるんですね。
水遊びは体力を使うので、その後はぐっすりとお昼寝してくれる確率もグッと高くなります。

お水は少量にして、そうですね、うちは15センチ以下の水嵩にします。それでも目は離せませんので、必ず近くにいてくださいね。

家庭での水遊びの注意
水遊びとはいえ、水は本当に危険です。20センチほどの水でも子供は溺れるそうです。もう幼稚園だから大丈夫と思っても、例えばうつ伏せに転んで息ができなくなると小さい子はパニックになるんです。大人なら「手をついて顔を上げればいい」と思いますが、子供はそうはいかないんですね。
また、少ない水だったつもりが、子供が勝手に水を足してしまうことも考えられます。これも、そろそろかなという加減が分からず、どこまでも入れちゃうことも考えられます。
水遊びはおすすめしますが、必ず横についてみていることが大前提ですのでご注意下さいね。

家の中でできる夏休みの遊び2 工作遊び

普段から、トイレットペーパーの芯やお菓子の空箱などを取っておくと工作などで使えます。
毛糸やアルミホイルなど、普段はあまり手にすることの無い材料を渡しておくと、集中して何か作りはじめたりします。

スポンサードリンク

去年の夏休みは、トイレットペーパーの芯に顔を書いて、毛糸の髪の毛をつけて人形制作が我が家で流行していました。
家の中の至るとこに人形が飾られていて、ちょっと邪魔でしたけど、子どもは楽しんでくれていましたよ。

家の中でできる夏休みの遊び3 お菓子作り

おやつ作りも子どもウケが良かったです。
手の込んだものは難しいので、バタークッキーなどの簡単に作れるものがオススメです。
クッキ―生地をこねるのが、ねんど感覚で楽しいみたいです。型抜きするのもいいですし、手でくるくる丸めてペッチャンコにするのも楽しいですよ。
子どもも楽しめて、おやつも出来て、一石二鳥ですね。

幼稚園の夏休みの生活リズムとタイムスケジュール例

幼稚園に通っているときは規則正しい生活ができていても、夏休みにはいるとついつい朝寝坊しちゃったり、夜寝るのが遅くなったり、生活リズムが崩れがちになります。

たまになら良いのですが、それが習慣化してしまうと、夏休み明けが大変だったりします。
夏休みといえども、規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

夏休み明けに困らない1日のタイムスケジュール例

夏休み明けに困らないよう、基本となる生活リズムと時間を決めておくといいですね。

6:00 起床
7:00 朝食
9:00 散歩や買い物
12:00 昼食
13:00 家や児童館などで室内遊び
15:00 おやつ・お昼寝
17:00 入浴
18:00 夕食
20:00 就寝

夏休みはとっても暑いので、外遊びは、午前中か夕方にするといいでしょう。
炎天下の外遊びは危険なのでご注意ください。

年少さんだと、お昼寝をする子が多いと思います。暑さで疲れるのでお昼寝も大事ですが、1時間くらいで切りあげるようにしましょう。
長くお昼寝をすると夜眠れなくなってしまいます。

夏休みは長いですから、気分転換も必要ですよね。
公園や児童だけではママも子どもも飽きてしまうので、たまにはデパートや室内あそび場にでかけてみてはいかがでしょう。
子どもはもちろん、ママも一緒に楽しめますよ。

また、たまにファミリーレストランや子供メニューのあるカフェでデザートを食べたりなんかするのも楽しいです。

年少さんからの夏休みの目標

夏休みを有意義に過ごすコツは、なにか目標や約束事を決めること。
目標といっても、小さなことで良いんです。

例えば「おおきな声であいさつをする」とか「着替えを自分でする」とか、決めた約束を毎日達成できて、毎日褒めてあげられることが良いですね。

褒められることで子どもは自信をもてるようになりますし、良い習慣を身につけることができます。
お約束カードを作って、達成したらスタンプやシールを貼ってあげると子どもも楽しんで取り組んでくれますよ。

何かに挑戦してみるのも、成長に繋がりますね。
苦手な遊具にチャレンジしてみたりするだけでも良いですし、なにか習い事をはじめてみても良いかもしれません。

夏休みの過ごし方 まとめ

夏休みのスタート直後はママもイライラすることがあると思いますが、慣れてしまえば結構楽しいものです。
疲れてしまったら、幼稚園の預かり保育を利用してもいいと思います。
暑さで体調を崩しやすい時期でもあるので、無理をせずにのんびりと楽しんでくださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です