エアアジア機内食の値段は?支払い方法と予約のコツ

格安航空LCCの代表ともいえるエアアジアやエアアジアX。

機内に食べ物や飲み物の持ち込みは禁止なので、欲しい場合は有料で注文することになりますが、気になるのがお値段や支払い方法。

そこで、年に数回エアアジアを利用する私が、エアアジアの機内食について解説します。

スポンサードリンク

エアアジア機内食の値段は?

エアアジアの機内食、LCCに慣れてない人は「お水まで有料なんて!」と少々不満かも知れませが、そのお陰で格安で乗れるわけなので、むしろありがたいことですよね。
必要無い人の分のサービス費を徹底的に削っているお陰で、チケット代が安くなっているわけですからね。

でも、気になるのがお値段。

これがね、意外と高くないんですよ。まぁ、内容と値段で考えると高いかも知れませんが、ビックリするほどではありません。
発着地(フライトルート)により同じメニューでも値段が変わります。やはり日本発着分は少し値段が高めでした。

それでも1食800円ほどでしょうか。
機内食にあるメインのお皿1つ。ご飯の上にチキンが乗ってるとか、ご飯とカレーとか、スパゲッティとか、そういった1品です。

セットメニューだともう少ししますが、それでも1,000円強くらいですね。
※レートに寄り変動します。

カップラーメンもありましたよ。これなら200円くらいです。その他、スナック菓子やパンケーキなんかもありました。
飲み物類も、アジアの物価の安い国から乗れば高く感じるかも知れませんが、日本で外食して飲み物を注文する程度の金額です。

味は、まぁまぁ美味しかったですよ。特に、アジアご飯が好きな人には楽しめるかと思います。
LCCなので機内食に力入れるわけがないと考える人もいるみたいですが、私は逆に、有料サービスだから売上アップのためにそれなりに美味しいものを提供しようと努力するんじゃないかと思うわけです。

具体的なメニューや画像はこちら
>>エアアジアの機内食はおいしい?タイ・マレーシアおすすめメニュー

ちなみに、赤ちゃん(乳児)がいる場合の離乳食や飲み物の持ち込みはOKです。
私は子供が小さかったので念のためオニギリとクッキーを用意しておきました。
機内食も予約で注文していましたが、タイミングってありますからね。
機内食が提供されない時間帯(離陸前後や着陸前など)に乳幼児のお腹が空いてグズッたりすると大変です。

エアアジア機内食の支払いは現金かカードか

機内食を事前予約している場合は、クレジットカードでチケットと同じように支払いできますが、機内で支払う場合は現金のみです。
機内ではクレジットカードは使えません。

使える通過はマレーシアリンギットか米ドル。日本発着の便なら日本円、タイ発着便はタイバーツも可。なので、発着地の通貨は使用可能だと考えてよさそうです。
ただし、いずれの場合も使えるのは紙幣のみです。(コインも受け付けてくれたことありますが、基本はダメだと思った方がいいでしょう。)

スポンサードリンク

そして、おつりは全てマレーシア通貨のリンギット。機内でのレートもあまり良くありません。
目的地がマレーシアの場合や、マレーシアで乗り継ぎがある場合はおつりで受け取ったコインも使えるので、まぁいいかなという感じですが、こういう面からもやはり予約しておいた方が便利です。

※私はタイ・エアアジア、タイエアアジアX、インドネシアエアアジア、フィリピンエアアジアなど色々あるので微妙にルールが違う可能性もあります。(エアアジアはマレーシアの航空会社ですが、その子会社であるタイ・エアアジアXはタイの航空会社です。)

機内食以外にも、毛布は有料レンタルで、ブランケット、ネックピロー、スリッパの快適セットも販売されています。これらも現金払いですね。
「シートベルトも有料です。」というジョークの動画がありましたが、それは嘘ですのでご安心を(笑)

エアアジアの機内食を予約するときのコツ

チケット予約時またはその後いつでも(出発の2日くらい前まで)インターネットで機内食を予約することができます。
(余談ですが、預け荷物の追加なども事前にウェブでできて、お値段もお得です。)

予約で注文しておくメリットは、予約限定のメニューがあることや、お水やケーキなどのおまけがあること。お値段も少しお得なんですね。
予約した場合は、一般販売より先に持ってきてもらえるという利点もあります。

それに、前述のように、おつりをマレーシア通貨でもらっても困る、なんてことにもなりません。
(事前にネットで機内食を予約する場合はクレジットカードが使えます。)

また、マレーシア、インドネシア、タイとエアアジアのメイン路線は辛い食べ物が多いですよね。
日本発着便ならテリヤキチキンなどもありましたが、やはりメニューはスパイシー系が多いです。

一度、子供用に機内で注文しようとしたら辛い物しか残ってなくて困ったことがあります。
恐らくそんなに充分の数を用意していないんでしょうね。
食べたいものが売切れということも考えられますので、辛いのが苦手な人で、機内食を食べる可能性が高い場合は事前予約をおススメします。

私はバンコク便をよく利用するので、乗る時間帯に寄って決めています。
日中のフライトで、確実にお腹が空くであろう時は予約しておきますが、深夜便の場合はむしろそのために起きるのが億劫なくらいなので予約しません。
もし欲しくなったらその時に機内で注文するようにしています。

>>エアアジア機内持ち込みサイズは厳しいか。重量オーバーと個数は?
>>エアアジアは座席指定しないとバラバラ?無料の裏ワザ必見!

エアアジア機内食の値段は?支払い方法と予約のコツ まとめ

格安航空LCCも日本にかなり浸透してきましたね。機内食をはじめ有料のものは断固追加しないという人もいますが、食事くらい付けても充分安いです。上手に利用して楽しい旅にしましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です