エアアジアの機内食はおいしい?タイ・マレーシアおすすめメニュー

LCC格安航空エアアジアやエアアジアXですが、有料の機内食は果たして美味しいのでしょうか。
これまでタイやマレーシア、日本路線で何度も利用している私が、実際に食べた感想をご紹介します。写真も撮りました!

スポンサードリンク

エアアジアの機内食はおいしいの?

エアアジアの機内食について、LCCなので機内食はまずいだろうなんて意見をチラホラ見ますが、むしろ私は逆で、有料の付随サービスで利益を上げるLCCだからこそ、機内食ホットミールの味には多少なりとも力を入れるんじゃなかと思います。

事実、私はこれまで何度も機内食を食べていますが、ガッカリしたことは一度だけです。※後述します。

エアアジア機内食の値段は?支払い方法と予約のコツ

エアアジアの機内食タイ~クアラルンプール~関空

私が主に利用するのは、タイのチェンマイ~バンコク、バンコク~関空、チェンマイ~クアラルンプール、クアラルンプール~関空です。
成田と札幌、関空は日本線として恐らく同じメニューじゃないかと思います。

だいたい、マレーシアのナシゴレンやミーゴレン、タイ料理のチキンやマンゴースティッキーライス、インドネシアのスパイシーカレーなど各国の名物料理があるのと、洋食ではパスタ系やブレックファースト(アメリカンブレックファースト的な朝食セットで、ソーセージと卵、ビーンズ、ポテトとパンなど)、ラザニアもありましたね。日本のものは照り焼きチキンや和風カレーもありました。

それに軽食のサンドイッチ、ケーキやビスケット、スナック菓子、インスタントのカップラーメン(今回見たのは韓国のものでした。)、コーヒーや紅茶なども揃っています。

ただ、エアアジアと一口に言っても、この路線だけでもマレーシアエアアジア、エアアジアX、タイエアアジア、タイエアアジアX、インドネシアエアアジア、などがあるので、便やフライトの時間帯によって違う可能性はあります。

スポンサードリンク

※便名の最初のFD・QZ・Z2・I5・D7・XJ・XTなどでどの便かが分かります。私がこれまで利用したのはFD、D7、XJです。

エアアジアの機内食おすすめは?

エアアジアの機内食でおすすめなのは、やはりアジアごはん系。私は子連れで行くことが多いので、どうしてもスパイシーで辛い系の料理は避けがちなんですが、辛くないメニューの中でもおすすめなのが

Uncle Chin’s Chicken Rice(アンクルチンズ チキンライス)

日本語に訳すなら「チンおじさんの鶏ごはん」って感じでしょうか。

エアアジア機内食おいしいチキンライス
写真はエアアジアAK855 チェンマイ発~クアラルンプール着の便で、機内で注文(予約なし)したものです。

これは予想を超える美味しさでした。ご飯の味付け自体は濃い目ですが、アジアっぽいハーブの香りがほんのり控え目についているのが日本人にも受け入れやすいんじゃないかと思います。

和風にしてあるテリヤキチキンも食べたことありますが、それよりもこっちのチキンライスの方が私は好みでしたね。

注文時に「アンクルチンず、、、」と躊躇しながら言うと「は?」と言われ、「えーっと、チキンの、、、」とモゴモゴ言うと「ああ!チキンライスね!」と笑われました。アンクルチンはアピールする必要なかったようです(笑)。

タイ線で以前食べたことあるガイヤーンとカオニャオ(グリルチキンと餅米)もそこそこ美味しかったですが、今回のアンクルチンの方が断然おいしかったです。

エアアジアのキッズミール

そして、残念だったなーと思ったのは、キッズミール(ジュニアミール)。今回頼んだのはお子様用ハンバーガーセットでした(これしかなかったので)。

エアアジア機内食お子様セット
写真はエアアジアX D7 534 クアラルンプール発関空行の便で出てきたミニバーガー。

事前予約するとジュース付だったこと(実際に出てきたのはチョコレートミルクでした)と、「退屈な機内でこれが出てきたら子供のテンション上がるかも!」という理由で予約注文しましたが、子供らの反応は今いちでした。味も、まずいわけではないけれど特別美味しいというわけではなく、、、。

ただ、小さい子供が自分で片手で持って食べられるという面では良い選択だったなと思います。

でもやっぱり機内で頼んだチキンライスの方が子供もガッついてました。アンクルチン恐るべし!です。

エアアジアは座席指定しないとバラバラ?無料の裏ワザ必見!
エアアジア機内持ち込みサイズは厳しいか。重量オーバーと個数は?

まとめ

やはり、予約のページまたは機内のメニューブックで、エアアジアが一押ししてるメニューはそこそこ期待できるんじゃないかと思います。写真にも気合入ってますしね。

もちろん、写真のような状態でお皿に盛り付けて出てくるわけではありませんが、乾燥した機内でアツアツの料理が食べられるのはホッと癒される時間だと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です