おみくじ 待ち人来るたよりありって恋人?恋愛と縁談の違いは?

何気に引いた神社のおみくじ。
何か予期せぬ幸せがやってきそうで、ワクワクしますよね。

見てみると「待ち人 来る たよりあり」って、来るの来ないの!?と紛らわしく思いません?
便りがあるでけ?それとも来る+便りがあるってこと?

シングルの場合は新しい恋人のことだと思っていいんでしょうか?

なんとももどかしい内容ですね。どうなっているのか、解説を見てみましょう。

スポンサードリンク

おみくじの待ち人来るたよりありってどういう意味?

「待ち人来るたよりあり」

これは、「来る」と「便りあり」を分けて考えるといいでしょう。
なぜならこの他にも

「待ち人 来る たよりなし」
「待ち人 来ず たよりあり」
「待ち人 来ず たよりなし」

などがあるからです。つまり、「待ち人 来る たよりあり」は、待っていた人が来るし、たよりもあるということですね。

たよりありは、お知らせがあるという意味ですが、実際に本人が気づかないうちにお知らせという名の「兆候」があったりするので、はっきりした占い内容ではありませんよね。

他にもこんな内容があります。

待ち人きたる・・・自分が望んでいる答えをもつ人物がやってくるかも。という意味です。
先より便りありて来たる・・・どこかに出かけようとしたときに、相手からの知らせがあってから、出会いがくる。
遅ければ来る・・・遅くなってから来たほうがいい出会いになる。

おみくじの待ち人とは恋人のこと?

おみくじの待ち人とは誰のことなんでしょうか。

「待ち人」の由来
待人とは、「自分が待っている人」という意味です。

おみくじの「待ち人」とは、おみくじを引いた人が待ってる人ということで、恋人とは限りません。
いいアドバイスをくれる人や、転機の時に力になってくれる人など、あなたが知りたいとか悩んでることとか、答えがほしいと思ってることに対して、力を貸してくれる人であることです。

スポンサードリンク

例えば、それはあなたのお父さんかもしれません。お父さんがあなたが探していたことに対して、いいアドバイスをくれたら、お父さんがあなたの「待ち人」になります。

「やってくる人」は、そのお父さんかも知れませんし、それ以外の待ち人で将来の恋人になるかもしれませんし、ずっと音信不通で気になっていた友人かもしれません。

おみくじで待ち人と恋愛縁談の違い

おみくじにもよりますが、項目には「全体運」「仕事」「家庭」「待ち人」「恋愛」「縁談」などがありますよね。
中でも「待ち人」「恋愛」「縁談」はどれも恋愛に関係しているように思います。

でも、それぞれ意味があります。

  • 待ち人
  • 「あなたがずっと会いたいと思っていた人」で、前述のように恋人とは限りません。

  • 恋愛
  • 今お付き合いしている人とどうなるか、独り身の人に対しては、出会いがあるかどうかも教えてくれます。

  • 縁談
  • 「結婚」のことですね。

おみくじは、自分が努力しないと、かないません。

自分が努力していれば、おみくじのような出来事が起こるという暗示なので、ぼーっとしていたら、何も起こらないことも多いです。

まとめ

おみくじを引く前に、自分の気持ちを整理すると、おみくじが、神様からの返事のように聞こえませんか。
自分の将来を悲観しているときにおみくじをひくと、励まされます。

総合的におみくじは、悪い内容が出ても、努力次第で悪い運勢から脱出できると書かれていますし、いい内容がでたら、努力すればよい運勢が後押ししてくれると書かれています。

おみくじで元気をつけて、また一年頑張りましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です