ココナッツオイル入りコーヒーで便秘解消!分量や飲むタイミングは?

話題のココナッツオイル。
コーヒーに入れて飲むと気軽に続けられることから、ダイエットや便秘解消を目的に愛飲している方も多いんです。

でも、コーヒーにココナッツオイルってちゃんと混ざるの?どんな風に使えばいいの?と疑問に思いますよね。
そこで、ココナッツオイル入りコーヒーの作り方や効果的な飲み方などについて詳しくご紹介します。

スポンサードリンク

ココナッツオイル入りコーヒーで便秘解消!

便秘解消方法は世も中にたくさんありますが、どれを試しても効果がなかった…という方でも「便秘が解消した!」と喜ばれているココナッツオイル。あのミランダ・カーも愛用していることで有名ですね。

そもそも便秘になってしまう原因には

  • 食物繊維の不足
  • 水分の不足
  • 腸内環境の悪化
  • 無理なダイエット
  • 運動不足
  • ストレス

などさまざまな原因があるんですね。

そしてココナッツオイルの効能にはそれらのうちの
『食物繊維の不足』『腸内環境の悪化』『無理なダイエット』を改善してくれるんです。

ココナッツオイルが便秘に効く理由

ココナッツオイルが便秘にいいとされる理由は下のようなことが挙げられます。

  • 食物繊維をはじめ、ビタミン、ミネラルなどの栄養が豊富に含まれている
  • 現代人が過剰に摂取しやすい食品添加物を排出して、腸内環境を整えてくれる
  • 代謝を促進し、体脂肪を燃焼しやすくする中鎖脂肪酸がたくさん含まれているので、無理なく痩せられる

ココナッツオイルには、このような女性にうれしい効果がたっぷりあるんですね。

ココナッツオイルをコーヒーに入れる効果

そんなココナッツオイルをコーヒーに入れて飲むことでなんと『水分不足』も解消できるんです。
おまけにコーヒーに含まれるカフェインには、脂肪燃焼を促進する効果があります。

カフェインにはリパーゼという脂肪を分解してくれる酵素の働きを活発にする効果があって、脂肪をエネルギーに変えて燃やしやすくしてくれるんですね。
つまり、ココナッツオイルとコーヒーのタッグは、相乗効果で便秘を解消し、さらには脂肪の燃焼を促進してくれるということです。

こんなに嬉しい効果があるのなら、ココナッツオイル入りコーヒーを飲まない理由はありませんね。

ココナッツオイルをコーヒーに混ぜる分量は?

ココナッツオイル入りコーヒーの効果はわかったけど、コーヒーにちゃんと混ざるのか?どのくらいの量を入れればいいのか?疑問に感じると思います。

水と油って混ざらないですよね。コーヒーとココナッツオイルならキレイに混ざる、、、なんてことはありません。
しっかり油が浮いた状態、つまり分離したままなんですね。
もちろんこのまま飲んでも問題ありませんが、気になる場合はちょっと一手間掛けてしっかり混ぜてみましょう。

では、ココナッツオイルとコーヒーを混ぜる簡単な方法をご紹介します。

スポンサードリンク

ココナッツオイル入りコーヒーの作り方

▼材料
・ココナッツオイル
・コーヒー

▼作り方
1.コーヒーを淹れ少しだけ冷ます
2.ミキサーにコーヒーとココナッツミルクを入れて、カフェオレっぽい色になるまで混ぜる。
※よく混ぜるのがポイントです!黒→カフェオレ色になったらOK。
ミキサーがない!と言う場合には、保温ボトルに入れてシェイクするだけで簡単に作れます。
ミキサーやシェイクで混ぜることで、オイル感がなくなり、美味しく飲めるようになります。

ちなみに、ココナッツオイルの量はお好みで良いです。
最初はコーヒー一杯につき小さじ1程度で試してみて、後は自分の好みの量を探ってみてください。

この方法で作ると、ココナッツオイルが乳化して体内に消化吸収されやすくなります。
コーヒーにほんのりとココナッツの香りがプラスされて、ココナッツフレーバー好きにはたまらない仕上がりですよ。

ココナッツオイルコーヒーに砂糖とミルクは?

コーヒーには砂糖とミルクを入れる派だと、ココナッツオイル入りコーヒーにも砂糖とミルクを入れたくなると思います。
ココナッツといえば甘いスイーツを思い浮かべるので、甘くして飲みたい気になりますよね。
なので、ダイエット目的でなければ、どちらを入れても良いと思います。

ただ、せっかくですから、余計なものは入れない方がより効果的です。
それでも、砂糖とミルクは外せないという場合には、砂糖はオリゴ糖、ミルクは豆乳などに置き換えてみましょう。

ココナッツオイルコーヒーを飲むタイミングはいつ?

ココナッツオイルの美容や健康にいいとされる1日の摂取量は、大さじ2杯。
とはいえココナッツオイルのカロリーは、大さじ1杯で約100~110キロカロリーと、そこそこのカロリーなんです。

美容や健康に良いといっても結局は油なので、摂りすぎは良くないんですね。

そしてコーヒーのカフェインも摂りすぎると良くありません。
短時間に大量に摂りすぎると、頭痛や吐き気などの中毒症状を引き起こしてしまうことがあるので注意が必要です。
コーヒーは消化を助ける作用はあれど、胃にはあまり優しくありません。

個人差があるのですが、カフェインの許容量は1日に400mgです。
これはコーヒー約3杯分にあたります。

なので、ココナッツオイル入りコーヒーは1日に3杯、朝昼晩に飲む程度にしましょう。

飲むタイミングとしてベストなのは、食前の2~3時間前。
食後でもいいですが、食欲を抑えられる効果を期待するには食前に飲む方がいいですね。少しの食事量でも満足できるようになりますよ。

ココナッツオイル入りコーヒーで便秘解消 まとめ

とっても簡単に作れて、気軽に取り入れやすいココナッツオイル入りコーヒー。
味もとっても美味しいので、続けやすいと思います。
便秘も解消されるうえにダイエット効果まで期待できちゃうココナッツオイルコーヒーをぜひお試しくださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です